今年の梔子

 

f:id:mamedlit:20180703113429j:plain

我が家の梔子に今年最後の一輪が咲きました。宇都宮に勤めた頃、同僚から切り花で戴いた枝を挿し木にし、今では私の背丈を越えるほどに大きくなりました。鉢が小さすぎるのはよく分かっているのですが、これ以上大きくすると私の腕力では持ち上げられなくなるので、我慢させています。4鉢あります。最も盛んだった頃は花も大輪で、薔薇のようにふっくらし、撮った写真で絵葉書を作ったりしました。

開花時に枝を切り詰め、あちこちへお分けします。実家にあった梔子の木が懐かしい、と喜んでくれる肉屋の女将に届けると、名物のコロッケに入れる生姜をどっさり分けてくれます。発根した小枝を放置されたプランターに植えてみたりもするのですが、そういう時に限って草むしりされたりして、なかなか「梔子の町」づくりに成功しません。

家を新築した友人知人に苗木を送って、育てて貰うこともあります。青虫がつくからと嫌がる人もありますが、2,3回は丸ぼうずになっても大丈夫。その内に雀が退治してくれます。剪った花を寝室に置くと、寝入る前のひとときを癒やされます。