母を送る歌

兼築信行さんの歌集『改元前後 2016-2019』(花鳥社 2020/9)を読みました。兼築さんは松江の旧家出身、平安後期から鎌倉期の和歌文学研究を専門としていますが、実母を故郷から引き取り、3年間の介護を経て2019年に見送るまで、Facebookに掲載してきた詠歌を単行本化したのが本書だそうです。

合計866首を全174頁にぎっしり詰めてあり、殆どが平仮名書きで、私には解釈に迷うものも2,3首ありました。和歌の専門家は仮名書きで詠むのが自然なのかなあ、と思いましたが、口をついてするすると出てくる、歌言葉による生活詠が生まれ落ちる速さに見合っているのかも、と勝手に合点しました。

叙景歌はあまりなく、殆どが述懐、自照の歌ですが、いわゆる掛詞(シャレ)が満ち溢れていて、中には戯笑歌、狂歌に近い作もあります。現代人が短歌を作ろうとすると、現代詩のような現実からの飛躍と暗喩を意識し、そのための表現を模索することが多いかと思いますが、こういうオヤジギャグにも似た言葉遊びこそ、往古の縁語、序詞、掛詞など和歌技巧の本質なのかもしれない、と考えながら読みました。例えばこんな歌です。

025しみじみとしじみのしるをすふときしみにしみしみてまつえはこひし

380伯耆なるいづもふじやまあさやけにさやけくもみゆはしのうへより

母の介護の苦労、日々の喜怒哀楽、次第に死が近づいてくる恐れと悲しみ、それには万人が共感することでしょう。

175すな時計のすなおちてゆくひとすぢにおそくもならずはやまりもせず

795しなむとするははのみかほのいとしくてひとさしゆびのはらをあてがふ

松江の名物、方言、親を見送る気持ちー私なりに思い当たることが多い1冊でした。

沙石集の世界

土屋有里子さんの『『沙石集』の世界』(あるむ 2022/10)を読みました。沙石集は尾張の長母寺住職を43年間務めた無住(1226-1312)が弘安年間に著し、その後も改訂し続けた仏教説話集です。無住は僧医でもあり、梶原景時の末裔と言われています。幼年時は鎌倉、下野、常陸など関東で育ち、18歳で出家、沙石集のほか雑談集、聖財集を執筆しました。

沙石集も雑談集も饒舌で、説話評論と呼ばれる著者の言論が大量に盛り込まれ、通読するのに体力を要するというか、辟易するというか、なかなか速読できないのですが、挙げられる説話は臨場感もあり、面白いものが多く、後代の笑話や落語の素になったものも少なくありません。近世に愛好されたようです。

本書は無住の伝記、彼が学んだ人脈、彼と縁のあった鎌倉武士や尾張三河の寺院などに触れながら、現代語訳による沙石集の説話を数多く例示して、その価値観を説き明かそうとしています。「はじめに」 1無住道暁ヒストリー 2神と仏の中世神話 3末世の仏教界と僧侶 4女性と愛欲 5異類へのまなざし 6限りある命と極楽往生 7鎌倉幕府と東国武士 8尾張三河の宗教世界 「おわりに」 という構成になっており、関連地図と年表が付いて、片手で持って読めるサイズの全232頁。無住や鎌倉期の仏教説話集にあまりなじみのない読者にも、手に取りやすいでしょう。

無住の生きた年代は、平家物語の生成、成長時期とちょうど重なり、原平家物語発祥の地と東国、無住と梶原一族との関係や、さらにこの饒舌さと読み本系平家物語の指向をも考え合わせるとき、改めて彼の周辺を照射してみては、と思うのです。ちなみに永積安明氏が、軍記物語とおもろぞうし以外に注目していたのは、沙石集でした。

コロナな日々 37th stage

あんみつが届いた、と電話が来ました。今日が命日の叔母の家には無事間に合って、喜んで貰えたようです。ほっとしました。

横浜の老人ホームにいる92歳の従姉からも、嬉しいわ、との電話が来ました。送ってしまった後で、今は、ホーム内の友達とも一緒にものを食べることは出来ないのかもしれない、と心配していたのです。食堂へは持ち込み禁止、各室への訪問も禁止、面会は指定されたホールで限られた時間内、だそうです。でもちょっとお裾分けするだけならできると思うわ、とのことでした。あんみつなんて、女友達とお喋りしながら食べるから美味しいのですよね。高齢者にサプライズで、ちょっとした名品を送るのは、それをタネに周囲と話が弾むことも目的のうち。コロナ下では、諦めなければならないことのようです。

同い年の従妹が怪我をして入院している、と仄聞したので、見舞熨斗をつけてそこへも送りました。老舗のあんみつ屋が翌日発送しか受け付けないので、日曜日着にできず、家族がいるはずだからと月曜の夜間指定にしたのです。ところが火曜の夜遅く、御亭主から電話があって、自分はいま早朝から夜間の仕事をしているので、病院へは持って行けない、とのお詫び。入院中の世話には、近所に住む84歳の姉に通って貰っている、とのこと。吃驚しました。小さいながらもトンネル掘削工事会社のオーナーで、長男に代表を譲ったことは知っていたのですが、会社の電話番でもしながら隠居暮らしと思い込んでいたのに。彼ももう80歳を超えているはず、きっぱりと子供を独立させ、身体の動くうちは働いているんだ、それがこの一族の流儀なんだ、と粛然としました。

教訓。老人に物を贈る時は、いま現在の状況を確認してからにしなくてはいけない。勝手にサプライズを気取るのは、こちらの自己満足。

米寿と傘寿

朝、宅配便で新刊書が届きました。栃木孝惟著『源頼政と『平家物語』』(吉川弘文館)です。栃木さんは8歳年上の先輩、すごいなあ、この年齢で、と思いながら久しぶりに電話を掛けました。郵便に時間がかかるようになったし、高齢者はメールチェックをしないことが多いので、御礼を兼ねて雑談をしようと思ったのです。

挨拶代わりに、お互いに耳が遠くなったこと、新しい記憶が残らないこと、知人の訃報などを交換しました。脊柱管狭窄症で近々手術する、学会もすべて辞め、旧ゼミの研究会も譲った、とのことでした。

15回連続の平家物語講義の映像を作った、灌頂巻については新見もある、とのことで、有料配信だそうです(調べたら結構な価格)。本の御礼を言い、故梶原正昭さんに同じような題の著書があって、あれは素晴らしいと言うと同意されました。最近出た若い人の本がいい、逃げずに正面から取り組んでいる、という話でも意見が一致して盛り上がりました。同様に、雑誌掲載の旧稿をまとめて刊行して欲しい人のリストも、ほぼ一致。

外国の文芸理論を読む会も、今は呆け防止に続けているとのこと。ああいうものは麻疹の予防接種のようなもので、いちどは体験(自分の深奥で血肉化)しておいた方がいいが、自分の論文の注にずらずら並べて誇示するものじゃない、という話でまたまた共鳴。50年前には、2人でこんな話をすることになろうとは夢想だにしませんでした。

講義録はすべて原稿になっており、保元物語関係は3000枚、平家物語は12巻を通観したものがあるというので、それは遺稿を整理する者の身になって、1800枚くらいに詰めておいてください、2冊で出すならこれとこれ、1冊本ならこれ、と原稿に印を付けてと言ったら、80歳のオバアサンには頼まないよ、と言われてしまいました。

頂いた本は読了後、ブログで紹介します。共鳴するかどうかは不明。

悪戯では済まない

ツイッターを覗いたら、回転寿司という#が出来ています。回転寿司の店内で、男子高校生らしき客が他人の注文の皿に悪戯をしたり、食器や醤油差しを汚したり(あまりに汚くてそのままは書けません)する動画が複数投稿され、炎上している。拡散する意図で投稿したらしいが、嫌悪感と軽蔑がどっと押し寄せ、次に怒りが湧いてきました。一番効いていたコメントは、「食べ物で遊んではいけません、って教わらなかった?」だと思いましたが、現実には店が被害届を出しても、軽犯罪程度の扱いなのでしょうか?

航空機爆破予告もそうだし、例年試験シーズンになると起こる学校爆破予告についても、影響の大きさと犯人の動作の簡単さとの釣り合いが懸け離れすぎていることに、現代の矛盾を感じます。DXは、人間の動作に必要な物理的力と、その結果を引き受ける覚悟との距離を、一気に埋めました。それは弱者には希望をもたらしましたが、しかし何かしら不自然な、倫理的落差があり、原子力エネルギーの抱える危険にも似たところがある。やった当人は「ほんの冗談」、「軽い悪戯」と言い訳するでしょうが、それでは済みません。

何故なら、本来なら正しく行き交うはずだった、真面目な仕事と真面目な需要との間に勝手に割って入って、そのやりとりを無慙にも破壊したからです、愚劣な自己顕示欲で。犯人が社会の中に居続ける所存なら、これは悪戯では済まない、重大な犯罪です。

現役の教師だった間、私が一貫して教えてきたのは、「真面目な人の前ではふざけるな、自分が真面目になれないなら黙って立ち去れ」ということでした。一昔前なら、店主が首根っこを掴んで、外へ敲き出すところ。回転寿司でも、板前にそうして真剣に怒って貰いたい。馬鹿野郎、大人がこの1皿を作るのにどれだけ苦労したと思ってるんだ!と。まさか、それが言えない料理を出しているわけではないでしょうから。

少子化の時代

少子化対策に都からは¥5000一律支給の話が出ています。健保の出産一時金上積み分は後期高齢者保険からも拠出することになりました。自民党は大学まで無償化を唱え、政府は・・・とあれこれ美味しそうな交付金の提案が行き交っているのですが、果たしてそれで出生率が上がるのでしょうか。

エノキさんが出産年代の友達に訊いてみたら、¥50万やそこらが問題ではない、というのが大方の声だったとか。そうだろうなあ、と思います。子供を産むなら、少なくとも四半世紀に亘る社会の安定が見えていないと、というのが今どきの、ごく普通の男女の気持ちではないかしら。

かつては食うや食わずでも子供を持つのが当たり前、子供は子供同士で育つから親の掛ける手間には限りがある、という考えが暗黙裡にあったと思います。しかし現代では、理想の子育てに上限がない。その一方で男女とも、成人後にもやりたいことが一杯あって、自分の人生のいい時期を出産や育児に捧げる決心がつかない、もしくはその時期を逸してしまうという事情もあります。

つまり、各人が生涯の一時期に家族に捧げる時間や労力、精神的負担など、目に見えない代償が当たり前ではなくなったのです。それは手当や補助金のような交付金でまかなえるものではなく、一口に言えば、子供を育てながら自分の人生も楽しめて、老後は子供らに負担を掛けず暮らせる社会が見えていることが、重要なのではないでしょうか。

ちなみに老人が貯蓄しているのは、子供の世話にはなるまい、という健気な決心からです。子が親を養うのが当然だった時代は、とうに去りました。特殊詐欺や社会保険が高齢者の貯蓄を財源として狙うのは、間違っています。

平家物語の表現世界

原田敦史さんの『平家物語の表現世界ー諸本の生成と流動』(東京女子大学学会研究叢書 花鳥社発売  2022)を読みました。2冊目の著書とは早いな、と思いましたが、前著から10年目、論文を書くのが楽しい、とあとがきで公言する、仕事盛りです。

2013年から22年までに書いた20本の論文を、1読み本系『平家物語』論 2語り本系『平家物語』論 3『保元物語』『平治物語』『承久記』 という章を立てて収めていますが、一貫して「作品の本文そのものと向き合う」、つまり各諸本の本文を読みぬき、その整合性、独自性に注目して問題を立てる方法を執っています。その読みは、よく知られた場面からも新たな視点を掘り起こし、奇抜でなく納得のいく理解を差し出してくる、英明なものです。久々に、読んで愉しい、軍記の作品論(以前は今井正之助さんの論がそうだった)。その点で、学校現場の方々にもお奨めの書です(例えば2-10の「忠度最期」「義仲最期」の読みなど、教室で議論しては如何)。

私が特に注目したのは2-2,3,4、5など語り本系の成立に関わる力作と、承久記に関する一連の論、殊に3-5の流布本承久記と六代勝事記の関係から歴史叙述の姿勢を問う試みでした。今後の議論、検証が必要でも有意義でもある、と思えるからです。

流動性本文の「読み」による考察は常に、果たしてそれは意図されたものだったか、という疑問に随伴されます。本書各章の魅力的な結論はこれから大いに議論され、異見が出されて欲しいと思います。勿論、著者本人の再考、検証も続けられて欲しい。それがこれからの軍記物語研究を活性化させる、本道になっていくでしょう。

本書の美点は、各論文がほどよい長さであること、先行研究を読みこなし、それぞれの最も核心部分を衝いていることです。それは近年の研究状況への批判にもなっています。