上洛の記千年

和田律子・福家俊幸編『更級日記 上洛の記千年ー東国からの視座』(武蔵野書院)という本が出ました。2020年は、『更級日記』の作者菅原孝標女が、父の任国であった上総から上洛した寛仁4年(1020)からちょうど千年に当たるのだそうで、その記念事業として、東国からの視点を取り入れた論集を企画した由。全430頁の大冊です。

特色は国文学の論考だけでなく、房総古代道研究会の活動成果も盛り込み、付録に「市原市国分寺区画整理前原形測量図」のDVDがついているという、学際的な地域還元を意識した構成になっていることです。目次を見ると、「『更級日記』時代の東国の交通事情」とか「『更級日記』と上総国府」、「上総国は高級麻織物の大国だった」というような論題もあって、編者としては苦労も多かったのではないかと思われますが、版元の社長が創業百周年記念事業として積極的に関わり、まとめ上げたということです。

更級日記』は若い頃に読んで以来、読み直す機会がないままですが、何故かほの暗さだけが記憶に残っていて、事件としては分かりやすい内容の、さほど長くない割にはいまひとつ、遠い作品でした。現在の研究では、孝標女が物語作者であったことはほぼ事実と認められているようで、東国の歴史的研究も蓄積ができ、今後、新たな展開が望めるのかもしれません。

国文学の論考では、福家俊幸「『更級日記』の内なる東国」、和田律子「『更級日記』における阿弥陀来迎夢の意味」、伊藤守幸「『更級日記』における東国の意味」、それに佐倉由泰「たけしばの記述から見る『更級日記』ーなびく瓢に共振するものー」を興味深く読みました(もっと短く書けるなあ、と思った論もありましたが)。「なびく瓢」については、ちょっと違ったイメージもありそうで、考えてみたいと思います。

國學院雑誌1359

國學院雑誌」7月号(通巻1359号)が出ました。赤井益久さんの「唐代伝奇小説における変虎譚の諸相ー中島敦山月記」に及ぶー」は20頁に及ぶ長大な論文ですが、『太平広記』巻426~433「虎」部門の80話の中から10話を取り上げ、変虎譚(虎が人と化す、または人が虎と化す話)と異類婚姻譚の要素に注目、その諸相を考察したもの。最後に中島敦が「山月記」に粉本として使用した『唐人説薈』(『古今説海』人虎伝を襲用)に触れて、「山月記」の主題はすでに唐代伝奇小説に認めうるとして、中島敦の文学者としての目の確かさを指摘しています。

学校教育で広く読まれている「山月記」の出典研究には、従来少なからぬ蓄積があると思いますが、現場で教える時、あるいは読者として読んでも、何か割り切れぬ部分があるように感じていたのは、じつはこの作品の背後にある膨大な伝承の圧迫感なのだ、と私は納得できたような気がしました。

本誌には大和博幸さんの「明治12年版『山中人饒舌』考」という論文も載っています。詩・書・画を極めた南画家田能村竹田(1835年没)の画論書『山中人饒舌』が天保6年(1835)に初版、嘉永7年(1854)に再刊された後、明治12年(1879)に突然、7種も出版されたのは何故かという問題を究明したもの。大和さんは、田能村家を継いだ田能村小齋の書き入れのある『山中人饒舌』を入手したのをきっかけに、本書は京都府画学校設立の資金獲得のために田能村家が計画した出版であったが、版元との間にいざこざがあり、それに関連して複数の版が重ねられたものと推定しています。

鈴木孝庸さんから、梅澤和軒『平家物語評釈』に多数の版があることを知らされて、あれこれ理由を考えていたところだったので、興味ふかく読みました。

新生活様式

新しい生活様式を迫られたのは、コロナよりもレジ袋有料化でした。スーパーへはエコバッグと大きな手提げを二重にして持参し、ほぼ解決しましたが、コンビニでは不都合が多い。持ち帰る途中で濡れる物、蓋が弱い物もあるので、レジで無料の薄いポリ袋を要求するといやな顔をされます。結局、消費者側からは、レジ袋の分だけ値上げされた、と捉えるのが正しいようです。

そもそも持ち帰り用の袋代は、今までは店のサービスだったのか?経費として商品全体の売り上げに含まれていたはずでしょう。花屋の親父の話では、A4の書類が厚み2cmほども来て、商品代とは別に徴収するよう指導されたとか。その金はどこへ行くのか、私たちには知らされません。今住んでいる区は数年前から、プラスチック類も燃えるゴミ扱いになったので、我が家ではレジ袋にゴミを詰めて捨てることにしていて、無駄にはしていません。市販のゴミ袋は大きすぎて、一杯にするまでには生ゴミなどが保たないし、紙袋のままでは出せないし、試行錯誤中です。

第一、海洋浮遊ゴミを減らすために、ストローとレジ袋を減らす、という方針は当を得ているのでしょうか?もっと大きな、廃棄量の多い物があるはずだし、ゴミが海へ流れ出るルートを追究して、塞ぐ手立てを打ったのでしょうか?そして、この別途徴収袋代は、何かの資金になっているのでしょうか?

つまり見せしめ料だ、という気がします。戦時中、1粒の米も無駄にするなという運動があった時、太宰治だったか、日本中の弁当箱から飯粒を集められるわけではないのに、と書いた作家がいて、共感しました。尤もらしい数字や、反対できない目標に貼り付けて精神運動が唱えられる時、ちょっと立ち止まって、根本を見つめたいと思います。

現代史

日本史の錦織勤さんからメールで、『無常の鐘声』(花鳥社)の読後感が送られてきました。本書には歴史学の論文を入れられなかったので、歴史学視点の感想は貴重です。

[昨日、『無常の鐘声』が届き、「平家物語の軌跡」を拝読しました。面白いと思ったのは、15頁からの、「物語」(当時の人々にとっての現代史)、という視点からの論述の部分でした。いつの時代でも、自分が生きている時代がどのような時代で、どう総括すればいいかは、重要な課題であったというのは、確かにその通りだと思います。
それは、望まない方向で世の中が動きはじめたように見える現代でも同様で、私なども、いまはどういう歴史の流れの中に位置づけられるのか、この先はどう進むんだろうか、誰か眼の覚めるような論を示してくれないものか、とか、現代史を少し勉強してみようか、などと思ったりもします。
そういう、その時代に生きている人の切実な要請のようなものと、平家物語の諸本が密接に関わるという認識は、とても新鮮でした。(錦織勤]

そうか、歴史学をやる人はこういう風に読んでくれるのか、と勇気づけられました。同時に私たちは、現代の文学(日本も世界も含めて)について、こういう眼(娯楽以上のものを要求する眼)を持っているか、と反省させられました。

よし、がんばろう、と思ったのですが、今は京都住まいの錦織さんのメールには、こんなことも書いてありましたー7月の初めに風邪を引いて、私にはよくあることなのですが、長引いて、直るのに2週間以上かかりました。医者に「なかなか治らなくて・・」と言ったら、「難しく考えんと、ゆったり過ごさはったらいいんですよ」と言われ、そういうものか、と納得しました、と。なるほど、定年後なんだからな、と私も納得。

ホタルブクロ

川越の友人から、ホタルブクロの写真が送られてきました。メールには[私の庭作りは、狭い庭をなるべく自然に近い状態にしたいと思っています。あまり日当たりがよくないので、半日影で適応できる山野草が中心になりました。女房が茶道をやっているので、茶花として使えるものが増えました。茶花は元々路傍に自生していた植物なので、育ち易いです。]とあって、つまり愛妻家の庭造りなのでした。

f:id:mamedlit:20200807143359j:plain

庭植えのホタルブクロ

祖母の1人(私には父方母方合計4人の祖母がいました)は、農村で育った人で、山越えで小学校に通い、帰り道には山や畑で荷物を放り出して遊び、忘れて帰っても翌日同じ所にあった、と言っていました。だから草遊びが得意で、鬼灯の作り方も教えてくれましたし、百合の花弁で風船を作ったり、おやつ代わりの桑の実で口元を真っ黒にしたと話してもくれました。夕方には蛍を捕まえてホタルブクロの花に入れ、持ち帰ったそうです。

40年前に南町田に勤めていた頃、辺りは人家のない林と草原で(よく痴漢が出た)、叢の中にひっそりと、白いホタルブクロが咲いていたことを思い出します。オカトラノオナンバンギセルも自生し、コジュケイが鳴いたりもしました。私は白い方が好きですが(紫の斑点が濃いと茹蛸を連想する)、栽培されているのは紫の方が多いようです。園芸用には釣鐘草(カンパニュラ)という種類もありますが、近年は品種改良が度を過ぎて、暑苦しいほど花が多くつき、可憐さが失われました。

友人のメールには[長雨で庭の手入れが出来ず、草むしりをしたいのですが、今度は暑すぎて熱中症にやられそう。早朝のまだ日が照らないうちと、夕方日没前後に庭へ出るのですが、それだけで草臥れて、一日中仕事になりません。]とありましたが、ホタルブクロは、禾本科の夏草の中に埋もれて咲くのが風情があると思いますよ。

ヨードチンキ

うがい薬でコロナ予防ができるかのような記者会見の後、買い占めとネット転売の話題でひとしきり賑やかでした。当の製薬会社の広報担当者が、そんな効果を予期してはいない、と首をかしげている、という報道もありました。

問題のうがい薬は、ヨウ素を含んでいるので消毒殺菌力が強い、というだけのことだったようです。口腔内の菌のバランスを崩すこともあり、一時的にウィルスを殺してPCR検査の誤診を招き、むしろ困るという結論になりました。製品を並べてみせた知事のパフォーマンスは、どう弁明しても粗忽でした。おまけにマスクと違って、薬品の転売は法律違反です。

かつてヨウ素をアルコールに溶かした消毒薬(ヨーチンと呼ばれた)は、家庭の薬箱にもよく入っていました(今はアルコールではなく、もっと使いやすい溶液になっているらしい)。我が家でも、赤チン(マーキュロ)は、うっかり色素が他の物につくといつまでも消えないので、ヨーチンを常備していた時期がありました。傷口の消毒に使ったり、冬には水に垂らしてうがいしたりしました。でも、深い傷に垂らすと、シューッと白い泡が立つ(沁みる痛さは半端ではなかった)ので、劇しい薬なんだなと認識していました。うがい水も、さほど効果があるように思えなかった(ヨーチンを入れるより、ただの水で頻繁にうがいする方がいい)ので、いつの間にかやめました。

最近は薬品もおしゃれな商品になっていて、やたらに片仮名の記述が多く、成分そのものの知識に照合することが難しくなりました。もともとがヨードチンキだと知れば、コロナ治療の新薬などという誤解は生まれません。分かってみれば、浪速のことゆえ漫才だったの?という話です。

源頼朝と鎌倉

坂井孝一さんからメールが来て、今夜のBS-ETV「英雄たちの選択」に出ます、とのことだったので、初めて視聴しました。井上章一磯田道史、それに坂井さんはそれぞれ別のスタジオからリモートで、関幸雄さんはオンラインの参加でした。アナウンサーの反応がいま一つしっくりしないのは大目に見るとして、井上さんの話はいかにも京都目線でした(少々軟らかすぎる面と、権力に敏感な面との両様)。

坂井さんの話(番組の基本線でもありましたが)は、その著『源頼朝と鎌倉』(吉川弘文館 2016)に書かれている通りで、坂東武士たちに担がれて開幕した頼朝の苦心と意図が、鎌倉の都市造りや永福寺建立などに顕れているとのこと。

名古屋に勤めていた頃、夏休みにゼミの学生を連れて、鎌倉へ行き、ちょうど発掘調査中だった永福寺跡を見学しました。軍記の会で知り合った菊川泉さんが親切に案内してくれて、頼朝の企図した大寺院の庭園がイメージできました。ゼミ生の中には考古学に憧れていた子もいたのですが、発掘調査は秋冬を避けて真夏の暑い時が多いと聞き、現場を見て、すっかり自分の甘さを反省したようでした。私は、庭園に引き込まれた水辺に今も芹や苧麻が茂っているのを見ながら、植物相を通して、鎌倉時代につながる時空を体験したような気になりました。

頼朝が父義朝のために建てた勝長寿院も、大倉御所も今は残っておらず、往時の新興都市鎌倉の威風を、現代の私たちが偲ぶことは難しい。しかし読み本系平家物語が、囚われの重衡が頼朝に引見される場面で、御所の間取りや寸法を詳しく記すのは、あながち舞文ではなく当時の衝撃を伝えているのかなあ、などとぼんやり考えました。東国の情報は、どの程度まで生で伝わっていったのか、などと。