三河の中世

愛知教育大の松島周一さんから手紙と共に抜刷2本が送られてきました。①「高橋庄地頭中条秀長の登場と中条時長」(「豊田市史研究」13号  2022/3)、②「三河の中世―足利氏とともに歩んだ歴史―」(岡崎市美術博物館開館25周年記念『至宝 燦めく岡崎の文化財』 2021/10)。

①は開創期の室町幕府を支えた中条家の系図について、14世紀半ば、中条秀長と時長の関係、中条家の当主は誰だったか、奥州への拡大志向などを考証したもの。②は徳川氏登場の舞台としての印象が強い三河地方は、中世、鎌倉と京都の間にある要衝の地として室町幕府の干渉を受け続け、足利氏やその後裔一色氏が倒れた後は国内に強大な勢力が育たず、戦国時代に入るとするものですが、単著『鎌倉時代の足利氏と三河』(2016/5 同成社)の続編のようになっています。

手紙には、来春定年を迎えると書かれていました。私が名古屋勤務だった頃、松島さんは着任早々の元気一杯若手教官で、松薗斉さんや今井正之助さんから可愛がられ、紅顔の少年のような、微笑ましい挿話が数多、公然非公然こもごも語られていました(自宅の室内装備は裸電球だけだったとか、初デートで4Km歩き続けたとか・・・)。

着任以来32年経ったのだそうですが、この間、人によっては逃げまくる郷土史の仕事を幾つも引き受け、定年後も東海地方の中世史研究を続ける意気込みを手紙に綴っています。名古屋は街路樹の紅葉が美しい街、愛教大のある刈谷は白壁と瓦屋根の家並が落ち着いた街。今日あたりは快晴でしょうね。私も一度は、老後をここで送るかもと考えた土地です。往時茫々、人それぞれ。いい老後を迎えられそうですね、と返信に書こうとしましたが、彼には未だ早すぎるか。

信濃便り・言語獲得篇

長野の友人から、特別支援教育や言語の発達障がいについて勉強している、とメールが来ました。ミナト君が小学校高学年になるにつれて、周囲はどういう心構えでいればいいのか、という問題に直面したようです。行政の作ったHPの中では、島根県のサイトがいいらしい。ダウン症については、私の知人から参考書を紹介して貰いました。以下は友人の感想です。

【言葉の発達について、池田由紀江・菅野敦・橋本創一著『新 ダウン症児のことばを育てる-生活と遊びの中で』(福村出版 2010)を読み、多くを学びました。殊に、次のような文章には蒙を啓かれました。

「ことばの発達は決してことばだけが独立して発達するのではなく、その時期の全般的な発達を基礎とし、また、それぞれが密接に連関しながらなされる」、「ことばの獲得は、ちょうど花の開花にたとえることができ」「ことばが獲得され、発達していく過程はデリケートで、さまざまな要因の影響を受けて」おり、言語獲得に関わる要因は「対人関係、認知能力、運動能力」の3つだそうで、①対人関係:「ことばには、自分と相手の間で気持ちを伝え合いたいという親密な<対人関係>が成り立っていることが大切です」、②認知能力:「ことばには、伝えようとする物事を十分経験し、それらを概念とするための<認知能力>が必要です」、③運動能力:「ことばには、正確に音声を発するよう、構音器官をコントロールする<運動能力>が必要です」とありました。

鸚鵡返しに言うという、単純作業に見えることであっても、それが可能になるには、上記のような条件が整わないといけないことがわかりました。】

信濃の秋(鶏頭)

友人は永く英語教育に携わり、日ごろから、英語だけ上手くなっても会話は出来ない、話す相手と内容が肝心だ、との持論でした。つまり同じ事だね、と返信しました。

ゆうちょ銀行

今年の1月からゆうちょ銀行では、現金で送金をしようとすると、新たに¥110の手数料を取るようになりました。赤い用紙(手数料先方負担)の払い込みでも、こちらが¥110取られるのです。学会費や書籍代の支払いなど、今まで利用する機会が多かった送金方法だったので、ああそうですかというわけにはいかない。窓口で訊いても説明がややこしく、リーフレットを本局まで貰いに行ったのですが、あまりに複雑な表がカラフルに印刷されているだけで、よく判りません。

再度窓口で訊くと、この¥110を無料にするにはどうやら、カード払い以外は預金通帳から支払う方法しかないようです。私は自分自身の振替口座(当座預金口座)を持っているのですが、それでは駄目だと言う。以前は振替口座同士で送金したり、口座を持たない相手にも為替と同じように使うこともできたのですが、今や受取口座としてしか使えないらしい(決済の用は果たせない当座預金)。

つまりは、普通預金をさせるための籠脱けみたいなもんではないか、と疑念が募りましたが、年間通して払う手数料は馬鹿にならない。先方が手数料負担の用紙を送ってくれても好意が無駄になるし、と思って、予め普通預金に入金しておくことにしました。改めて説明を求め、窓口で判明したのはこういうことでした―普通預金口座に窓口で、硬貨50枚以上ではない現金を入れ、通帳とキャッシュカードか印鑑持参で窓口で払い出し、振替用紙と共に差し出せば、振替手数料だけ(赤い用紙なら無料)で送金できる。

銀行のくせにどうして現金を扱うのを嫌がるの?と捨て台詞を吐きたくなりましたが、不思議な銀行ですね。以上の払い込み操作をATMでやると手数料がかかるのだそうで、「手数料」という呼び名が相応しいのかどうかも疑問です。

九月尽

朝、窓を開けた途端、空気の中に何か甘いものが交じっている気がしました。気のせいかな、と何度も空気を吸い込んで確かめました。木犀の季節になったようです。この界隈に越してきた頃はあちこち木犀の生垣や古木があったのに、次々に伐られて今はあそこ、ここ、と数えられるほどになってしまいました。前回の東京五輪(10月10日開会だった)におもてなしとして植えられ、東京は春は花の雲、秋は木犀の香りで包まれる街だったのです。

用があって丸ノ内の銀行へ出かけました。ワクチン接種会場の案内人が立っていましたが、人出その他はコロナ前と変わらないようです。駅舎前の広場はタクシー乗り場やバス停ができて、ごみごみした感じになりました。

2時間ほどで用も済み、人にも逢って、東京駅の地下街に降りました。緊張する用件だったので疲れが溜まり、直帰することにして通路にある成城石井に入りました。全店おつまみ用品、といった品揃えになっています。以前はけっこう地方名産品も出してあって、旅の代替気分を味わえたのですが、今は手っ取り早い食品ばかり。やむなく酒の棚から、インド、タイ、スコットランドの缶ビールを選んで帰りました。

明日で騒がしかった9月も終わります。和歌の世界では、3月と9月の末は特別に季節を惜しむ気持ちがつよい。「九月尽」と言えば秋も終わり、冷たい時雨が走り過ぎる季節ですが、新暦では彼岸花が咲き終わり、木犀の香りにしばし忘我の至福を味わう季節です。モンブランケーキが食べたくなったり、「白玉の歯に浸み透る」独り酒が恋しくなったり。そう言えば、今年は未だに秋虫の声を聞きません。草叢が、全くと言っていいほどなくなってしまったのです。

体験的電子事情・HP開発篇

先週の土曜日、朝日新聞の「はじまりを歩く」という欄に、「日本初のホームページ」という記事が載りました。日本で初めてのHPは、1992年9月30日、つくば市の高エネルギー物理学研究所から発信された、というのです。当時の日本には、加速器を使って未発見の素粒子を探す「トリスタン計画」というプロジェクトがあり、同様の研究をしていた欧州合同原子核研究機関の計算機科学者が情報検索を容易にするwwwを開発して、偶々訪れた日本人研究者にHPを作るよう誘ったのだそうです。

その日本人森田洋平は、30分ほどで英文の高エネルギー物理学研究所のHPを作り、これが日本初のHPで、世界の研究者と情報共有ができるようになったが、その時は重大なこととも思っていなかったという。これに注目したのが非公開ながらwwwを利用していたNTTの研究グループで、未だ世界に10数個しかなかったHPを閲覧、日本にもある、面白そうだからと93年10月、勝手にNTTの英語版HPを作り、多言語化を試み、同年12月に日本語版を公開、あちこちに出来始めたサイトへのリンク集も掲載した、とのこと。

1992年、私は名古屋で勤務していましたが、学部長が名古屋大学の物理学教授を定年退職した人で、休憩時間の雑談などで加速器だのトリスタン計画だのという語が飛び交うのを小耳に挟んだ記憶があります。理事にはNTTから来た人がいて、図書館長だった私は半強制的に学内LANの研修を受けさせられ、おかげでITへの恐怖心を持たずに済みました。1967年、TV業界がコンピューターを導入した時も周辺にいました。新時代に乗り遅れても不思議ではなかったのに、偶々時代の変わる潮目に居合わせていた、というわけです。

特別支援教育の変わり目とも、そういう位置関係にあったことを最近知りました。その話は別に書きますが、同時代を生きるとは、こういうことなのですね。

コロナな日々 31st stage

昨日、かかりつけ医に抗コレステロール剤を貰いに行きました。5日に1回服用していると言ったら、それでは効いていないはずだと繰り返し言われました。じつは7月の健診でコレステロール値は103まで下がっているのですが、忘れているらしい。有名受験校出の医師なので、あれこれ統計や学説を持ち出して説得する。その内、話しながらふっと寝落ちした瞬間がありました。本人がかなり血圧が高そうでメタボ気味、実在としての説得力がイマイチです。次回に血液検査をしてみてから、と言って辞しました。

10月からは医療費2割負担になり、口腔ケア、眼科検診、抗アレルギー剤、そして抗コレステロール剤と、費用も通院時間もかさんでくるので、2ヶ月分の処方箋を貰ったのですが、薬局へ持って行ったら4ヶ月分になっていると言われました。医師はどうやらお疲れだったようです。

医院の支払い窓口で、挿してあった小枝をお愛想に何の葉ですかと訊いたところ、受付の奥さんが、スマホで写真を撮ると名前が出るんですよ、とやって見せました。地元の開業医の妻に相応しく、人触りの上手い人です。うっかり、もっと綺麗な種類もありますよ、と言ってしまったので反省して、今日、我が家のコリウスを剪って届けました。待合室は空っぽでした。

バスに乗り、播磨坂まで野菜とパンを買いに行きました。終日上空を旋回するヘリの轟音で街の音が消され、ちょっと不思議な雰囲気になっています。ノーマスク、鼻マスクの人が3割ほどに増えました。このままずるずる、高齢者・病弱者だけが謹慎する日常になるのでしょうか。ウィズ・コロナは何を残すのか。なし崩しに弱肉強食社会になっていくようで、淋しい。並木の水木がそろそろ紅葉し始めました。

静かに眠れ

NHKがニュースで、しきりに「首相は弔問外交を始めました」と言う。強い違和感があります。ところが新聞もまた「弔問外交をする予定」といった言い回しを、平然と使っています。失礼じゃないの!?弔問外交なんて外交はない。要人たちは葬儀に来ているのであって、迎える側は御礼の挨拶をするのが作法。その時ついでに、初対面の挨拶を交わしたり、相手国の様子を訊いたり・・・相互の懸案事項に触れたりする機会もあるかもしれないが、それはあくまで結果的なもの。本来の目的ではないのだから、公式予定であるかのように堂々と言うことではないでしょう。

国対国の外交では、公的な範囲をはみ出す部分は、後世の評価を受けられるかどうか極めて微妙な事柄です。本来なら弔問は弔問で終わらせるべきで、「ついでに」行われる外交は大っぴらではない。あらわにそんな外交を仕掛けるなんて、礼を失している。少なくとも現在進行形で報告する際に使う語ではないと思います。

当初から弔問外交を目的の1つとし、自分の外交デビューに国葬を利用しようとしたのでしょうか。露骨にそう見えれば鼻白むしかない。せめて報道は、死者が静かに眠れるよう、今日明日だけは遠慮のある言い回しを。

午後からヘリが2機、轟音を立てて上空を旋回し、読んでいる本を投げつけたくなるほどでした。警備のためか、本郷通り音羽通り、北の丸公園から我が家の真上までを、執拗に飛び続けました。死者よ静かに眠れ、後に残る者たちに迷惑をかけずに―抑えていた怒りがこみ上げてきました。議会をないがしろにし、財政をめちゃくちゃにし、実務官僚を苦境に追いやったのは誰だったか!

しかし轟音は止まず、仕事になりません。「アフリカの星のボレロ」でも聴くか。