左富士

ようやく富士山にも降雪が来て、秀峯らしい姿になったようです。我が家は西が塞がっているので、ベランダからは見えません。ときどき、メールチェックのついでに、ツイッターの「今朝富士」を検索します。前にも書きましたが、投稿写真の中でも富士山の画像は完成度の高いものが多く、思わず息を呑むような作品もあります。

各地の「○○富士」が出てくるのも楽しく、また通勤路や自宅から撮った画像からは、自分の体験と引き比べてあれこれ思いを馳せることができます。富士川を渡る列車から毎日撮られる写真からは、名古屋在勤時代を思い出し、多摩川を渡ってすぐの東急線から撮られる画像からは、たまキャンパスで教えた頃のことを思い出します。大きく撮った心算でも、実際は探してもよく見えないほど小さく写っているのも、ご愛敬。太宰治の「富岳百景」は名作ですが、富士は今日も、人間のさまざまな場面を抱えこみながら、黙って鎮座しているのです。

「鴨東通信」110号(思文閣出版 2020/4)に片平博文さんが「名所「左富士」の成立」と題するエッセイを書いています。江戸から京へ東海道を下ると、富士は右手に見えるのが普通ですが、広重の「東海道五十三次」には「左富士」という1枚を含む版があるそうです。延宝8(1680)年閏8月6日の台風による高潮に遭って中吉原の宿は壊滅的被害を受け、新吉原と呼ばれる内陸へ移転した、その結果、東海道は大きく湾曲し、富士を左手に見る新名所が誕生したというのです。今の国道1号線やJR東海道線ではどうなっているのでしょう(新幹線では富士はずっと右)。

本誌には中島楽章さん「琉球人がマラッカで買った酒」や、和田積希さんの史料探訪「浅井忠〈武士山狩図〉」など、ほどよい長さの、雅味ある文章が詰め込まれています。

國學院雑誌1365号

霧林宏道さんの「『日本霊異記』における説話叙述の方法ー『冥報記』との比較からー」(「國學院雑誌」1月号)という論文を読みました。9世紀初頭に景戒が編纂した『日本霊異記』は、7世紀後半、唐臨が志怪小説に倣いながら仏教説話をも加えて編んだ『冥報記』の影響を受けたことを自ら明かしていますが、霧林さんは、説話の構成や叙述方法に注目して、両作品の関係を考察しています。

日本霊異記』中巻10話と『冥報記』下巻8話、同じく下巻13話と上巻8話を比較した結果、『冥報記』が子を思う親の情を中心に、叙情的な表現方法を採っているのに対し、『日本霊異記』は叙事に重きを置き、奇事を事実として理解させて、冷静に因果を説く宗教者の姿勢が表れている、というのが結論です。

霧林さんは卒論以来、高校教諭として勤めながら一貫して『日本霊異記』を研究してきました。当初は伝承の観点からの考察が多かったのですが、書き言葉で書かれている本作品の特性を重視し、影響関係や表現方法へと軸足が移ってきたようで、それは説話文学研究の趨勢とも並行しています。一つ苦言ー脱字が多い。ケアレスミスが多いと信用度が下がります。PC画面でなく打ち出し紙で念入りに校正すること。

なお本誌には、神長英輔さんの「戦後日本のコンブ業」という論文が載っていて、これが興味深く、つい読みふけりました。戦前戦後で、日本における昆布の生産、加工、販売、輸出入がどう変化したかをたどる論文ですが、東北アジアの歴史的動向と深く関わり、日露交渉史や中国の産業史、日本の貿易や水産業の変遷にも言及しています。私には、身近な昆布がだし材料から多様な加工食品に展開し、そのうち高級品は驚くほど価格が高くなった経緯など、この半世紀の変化の背景がよく分かって有益でした。

源氏将軍断絶

坂井孝一さんの『源氏将軍断絶ーなぜ頼朝の血は三代で途絶えたかー』(PHP新書)を読みました。一口に言って、これまでの「常識」もしくは「通説」が次々に引っくり返されていく本です。それもきちんと史料を読み、あり得る事態を想定していく作業の繰り返しによって、一定の速度を保ちながら。あるいはこうも言えますー『吾妻鏡』を全く新しい眼で読み直す本。

吾妻鏡』が北条氏の立場に沿った、虚構の多い「史書」であることは、ずいぶん前から言われてきました。しかしどこがどのように、脚色・潤色されているのかを体系的に指摘する作業は未だ出ていない、と言えるでしょう。文学の側から『吾妻鏡』を読めば、そこら中に「文芸的」場面や挿話があって、これは実録じゃない、「物語」だということは一目瞭然なのですが、ほかに史料がない場合は頼らざるを得ませんでした。これだけ明確に、『吾妻鏡』の「意図」を浮き彫りにする論が出たことは喜ばしい。

本書は源氏将軍の、1誕生 2継承 3確立 4試練と成長 5断絶 6その後という章立てになっており、関東武士たちに担がれ、朝廷との微妙な関係を保ちながら将軍となった頼朝が、やがて源氏の中でも貴種扱いされるようになった経緯、頼家・実朝が北条氏との力関係によって興亡を余儀なくされる過程、そして実朝の死後も頼朝の血が継承されて摂家(藤原)将軍時代へと入って行ったことが、説き明かされます。

勿論、本書の仮説が今後訂正される部分は、多々あるでしょう。坂井さん自身、『源実朝』(講談社)や『承久の乱』(中公新書)で立てた見解を修正しながら執筆したようです。しかし、文弱で悩み多き青年実朝像などは、もう通用しません。来年の大河ドラマは坂井さんの監修だそうで、さて本書の提言が、どこまで活かされるか。

信濃便り・お土産篇

長野の友人から写真添付のメールが来ました。

f:id:mamedlit:20210123133435j:plain

常山邸の冬のお土産

【先日、妹が色とりどりの長方形の紙を1枚ずつ、小さな透明の袋に入れていました。脇には数種類の植物の種が入った箱を置いてある。わけを聞くと、この種は山寺常山邸の庭で集めたもので、数種類をまぜ、カラフルになった袋に詰め、来訪者の「お持ち帰り」用に提供しているとのことでした。長屋門の中にテーブルを置き、その上に並べておくと、いつの間にか無くなっているらしい。ちょっとした旅のお土産になるのでしょうか。帰宅後播いても、種が全部芽を出すとは限らないが、それはやってみてのお楽しみ。中央にあるのがどんぐり、あとは時計回りに、石蕗、マリーゴールド、鶏頭、百日紅ペチュニアです。この他に椿、イロハカエデ、山吹の種も配布しているそうです。】

友人の妹さんは、地元の常山邸管理保存会の代表を務めているそうで、なるほどアイディアに富んだお土産ですね。播いた方は、芽が出てもどれが何やら分からず、本葉が出て、または花が咲いて初めて分かる、という福袋。

兄弟子が東大の定年を迎えるとき、長く勤めた人は、何かの木の実を拾って持ち帰り、記念に庭に植えるそうだけど、と話していました。本郷キャンパスにはさまざまな樹があるので、その気持ちは分かります(前田家以来の楠などは、大木になるので普通の庭には向きませんが)。兄弟子自身がどうしたかは、聞きそびれました。

メールの奥には、【冬はただでさえ観光客が少ないのに、今年はコロナのためにいささか寂しい常山邸ですが、白鷺が池の魚を狙って「出勤」しているそうです。冬場の鯉の隠れ家に設置した発泡スチロールの箱の上に乗って、魚の動きを観察しているらしい】ともありました。

就任式

米国新大統領の就任式が終わりました。地元からワシントンへ向かって発つ前の演説で涙ぐむ場面もあり、弊国で言えば肌には白装束という気持ちだろうか、と勝手に想像してしまいました。アメリカ文学専門の友人は、リアルタイムで中継を視たそうです。「Bidenの就任スピーチは、易しい言葉、短い文章を選んでいて、英語のnative speakerではない人、全世界の人にも呼びかけている」というメールが来ました。

レディ・ガガ(彼女にしてはおとなしめの衣装だった)の国歌のほか、詩の朗読や歌唱があり、幅広い文化への敬意を感じました。就任演説はなるほど易しい言葉で、しかし詩と哲学のあるものでした。弊国の政治家がこんなことを言ったら、歯が浮いてしまいますが、いまこの危機に際して、国民を惹きつけるだけの力を持っている。何故だろう、彼我の違いはどこにあるのか、と考え込まざるを得ません。

新聞報道によれば、米国のCOVID19による死者は40万人を越え、第2次世界大戦の死者を上回るという。前夜に追悼式を、演説の中でも黙祷を行ったのは、普通人の神経を持った政治家であることの証しだと思いました。

2019年時点で、世界の民主体制の国・地域は87、権威主義体制は92、という数字があるそうで、民主主義はこれから先も維持できるのか、自明のことではないようです。朝日新聞朝刊の「経済気象台」欄には、冷静に見れば、米国の権力分立と民主主義の底力を感じる、米国の行政府内には、従うべきは大統領個人ではなく憲法と国民だというプロ意識を持った人々が沢山いた、我々は自分たちの民主主義を心配した方がいい、と書かれていました(署名は「義」)。同感です。僕らが契約する相手は国民だ、と言い残して死を選んだ公務員のことは、未だ記憶に新しい。

黄砂

この頃、晴れた日には目がごろごろすることがよくあります。黄砂の季節なのでしょうか。遠く中国大陸から飛んでくる、微少な砂の粒子。俳句の季語にもあるようです。

鳥取でアパート暮らしをしていた時、季節によって拭き掃除で雑巾につく埃の色が違うことに気づきました。真冬に綿埃(着ている物や夜具から出る)が多いのは東京でも同じですが、鳥取では春先には灰色、春以降は黄色い埃が床に溜まる。春先に雪が消え始めると、舗装道路の表面を、未だ外していないスノータイヤが削って、その粉塵が舞い上がるのです。積雪前にはあった横断歩道が、春にはなくなっていることがよくありました(白いペンキが削られたからですが、地元の人はちゃんと、見えない横断歩道を覚えていて、所定の場所で横断していました)。

赴任した時、海岸の砂の色が黄色いのに吃驚しました。鳥取砂丘も黄色です。私は湘南育ちなので、浜辺の砂は砂鉄をたっぷり含んでいて、灰色なのが当たり前だと思っていました。後で知ったのは、鳥取砂丘は、大陸から来た黄砂が千代川の河口に堆積してできたのだという説明でした。もう一つ、水平線がずっと真っ直ぐで、何もない(湘南には烏帽子岩江ノ島がある)のも不思議な感じで、この海の向こうは広大な中国大陸なんだ、との感慨にとらわれました。

中国の大河は黄河揚子江も、水が青くない。砂も黄色いのでしょうか。春霞と言えば風流ですが、黄砂で曇る空は憂鬱です。春休みに鳥取から羽田へ、日本列島を縦断すると、アルプスの頂が霞から覗いて、水墨画のよう。古人は飛行機に乗ったこともないのにどうして描けたのだろう、と思いましたが、羽田の上空は真っ黒で、東京人はあの下で暮らしているのか、と愕然としたものでした。

美濃国便り・大雪篇

岐阜の中西達治さんから、「すごもり通信・雪が降る」が来ました。そう言えば年末年始、北陸と同様、岐阜も大雪、というニュースが報じられていました。

【雪は冬の風物、シャンソンは無理ですが、つい「雪やこんこ 霰やこんこ」と口ずさみたくなります。この冬は思いがけない大雪が何度も続きました。

芭蕉の「雪見にころぶところまで」は、芭蕉44歳の時、『笈の小文』の旅に名古屋で詠んだ句です。初五には「いざ出でん(初稿)」、「いざさらば」、「いざ行かん」など異同がありますが、名吟の一つに数えられています。これとは別に、芭蕉と凡兆の句をめぐるやりとりも、『去来抄』に伝えられています。

「下京や雪つむ上の夜の雨 この句、初めに冠なし。先師(芭蕉)をはじめいろいろと置き侍りて、この冠に極め給ふ。先師曰く、『兆、汝手柄にこの冠を置くべし。もしまさるものあらば、我ふたたび俳諧をいふべからず』となり。」

同席した去来自身、芭蕉の言に懐疑的だったようですが、雪から雨に変わる底冷えの寒さは、庶民の町下京という象徴によってこそイメージ化されると芭蕉は言いたかったのでしょうか。いつのころからか、雪見酒など、雪は暖かくした所で眺めるものになったようですが、文化9(1812)年、50歳で故郷信州柏原に帰った一茶が見たのは、「これがまあ終の栖か雪五尺」という厳しい現実でした。1月4日の中日新聞のコラムには、同じ一茶の「雪行け行け都のたはけ待ちおらん」という句が引用されていました。雪が降るのを喜んでいる風流人を皮肉っているわけです。(中西達治)】

手紙の最後には、元日に、揖斐川の上流にお年賀に行ったが、入り口で立ち往生した、と一面の銀世界の中、スコップを持って立ちつくす写真が貼付されていました。