源平の人々に出会う旅 第55回「神奈川県・三浦一族」

 頼朝挙兵時から、頼朝に従った武士達の中に三浦一族がいます。三浦義明をはじめ、和田義盛、朝比奈三郎、石田為久など、有名な人物が数多く存在します。語り本系の『平家物語』には、ほとんど記されていませんが、読み本系諸本や『吾妻鏡』には、頼朝の挙兵記事が豊富です。中でも、三浦一族の戦いである小坪合戦や衣笠合戦は詳細に記されています。

【三浦大介戦死之処碑(腹切松公園)】
 治承4年(1180年)、悪天候により石橋山の合戦に間に合わなかった三浦一族は、衣笠城に籠城して畠山軍と戦います。高齢の大介義明は息子達を脱出させ、自らは城に残ろうとしますが、江戸太郎らに討たれてしまいます。地元には、義明は切腹して果てたとする伝説もあります。

f:id:mamedlit:20210804122904j:plain

 

佐原城趾】
 義明の子佐原十郎義連は、一の谷の合戦で、鵯越の坂落しを真っ先に駆け下りたことで知られています。逆落しの場面を描く絵画作品の多くに、先頭に描かれているのが佐原十郎です。

f:id:mamedlit:20210804123023j:plain


【和田塚】
 鎌倉幕府の初代侍所別当として有名なのが和田義盛です。石橋合戦に敗れて真鶴から船で逃れた頼朝は、海上で三浦一族の船に遭遇し、九死に一生を得ました。この時義盛は、平家を滅ぼしたら侍所の別当に任命してほしいとねだったのでした。後に和田合戦で破れ、和田一族は滅びます。

f:id:mamedlit:20210804123107j:plain


〈交通〉
腹切松公園…JR横須賀線衣笠駅佐原城趾…京急久里浜線 北久里浜駅
和田塚…江ノ島電鉄和田塚駅
                          (伊藤悦子)

隠れた縦糸

岩城賢太郎さんの「義仲の”命の親”実盛」(国立文楽劇場「第160回文楽公演パンフレット」 2020/10)を読みました。観劇パンフレットの解説ですから、分量も読者対象も限定されており、研究論文ではありません。岩城さんの文章は必ずしも読みやすくないのですが(予め言いたいことを箇条書きにし、各項の連関を考慮して配列し、それから文章化する習慣をお勧めしたい)、これは趣旨が分かりやすい。

寿永2年、平家を追い落として一番に都へ乗り込むものの、統治に失敗して敗退する木曽義仲を廻るストーリーは、史実を超えて能や近世文芸に広く受け継がれ、愛好されました。語り本平家物語よりも源平盛衰記が義仲の生い立ちを詳しく描き、父を殺された幼児の義仲(駒王丸)を、木曽の中原兼遠に預けたのは平家に仕える実盛だったというのです。その一方、実盛は息子たちを、重盛の嫡男維盛一家の守護につけます。

平氏と源氏の運命が懸かる人物の身近に、それぞれ関わった実盛。同様に流人だった頼朝に挙兵を勧め、殺される寸前の平家の子孫(六代)を助けたのが、神護寺の文覚です。文覚伝を書いた山田昭全さんの遺稿集(『全著作集』おうふう 2016)を読み直していたところだったので、改めて平家物語を貫く隠れた縦糸ー例えばこの2人の人物の存在ーについて、思いを馳せました。

岩城さんはこう結んでいます。「近世文芸が「盛者必衰の理」の奥に、より複雑な恩愛関係や深い因縁が介在することを一つの真実と認め、近世人が源平合戦期の武者の運命の皮肉や悲哀に思いを重ねていた姿が窺える」。それは近世に限らないのではないか。<平氏がその奢りゆえに源氏の復讐に敗れ、滅びていく、盛者必衰の理の下に>という物語の底には、もっと非直線的な、複雑な思惑や偶然の絡み合いなども埋め込まれていたのでは。

コロナな日々 19th stage

食生活に変化がなくなってきたのと、予報では最高気温が今日だけ低そうだったので、播磨坂まで食材の買い出しに出かけました。「買い出し」とは、もともと昭和20年代前半、母と祖母がもんぺ姿にリュックを背負い、農家のある地域へ出かけて南瓜などを入手して来る時の言葉でした。事情は違うのに、何だか最近、共通性が感じられて奇妙です。

我が家の近辺よりも格段に品揃えはいいが、やはり夏は葉物がよくない。那須のアスパラガス、徳島のシラス、山形の小茄子などを地名に惹かれて買いました。帰宅してからよく見たら、空心菜は佐賀、芽キャベツはオーストラリアから来ていました。コチの薄造り、舞茸の天麩羅、ワカサギのフライを買ってしまったのは、このところ、本業に絡んで愉快でない案件に煩わされているから、と自分に言い訳しました。

この辺りだけ残っている槐の並木の花がこぼれ始めていて、盛夏だなと思いました。街の並木にも流行り廃りがあって、小石川周辺では鈴懸から槐へと変化し、それももう寿命が来たらしい。鈴懸は10代、槐は20代から60代までの盛夏の記憶と結びついています。バス停のベンチは熱くなっていて腰を下ろせません。入道雲が次第に崩れてきます。我が家の手前100米くらいで俄雨が降り始め、滑り込みセーフでした。

スーパーの空いている(最高気温の出る)時間帯を狙って行ったのですが、街の人出は緊急事態宣言下とは見えません。ワクチン接種が了ればOK、という誤解が恐い。自宅療養者は(調整中も含めれば)2万人近い、ワクチン接種後も抗体ができない人は最低5%はいる、国の基準による重症者数(集中治療室に入っている数)は都の基準(人工呼吸器使用者数)の約10倍・・・これらの数字の意味をよく考えたいと思います。

航空機が飛ばないせいか、天気予報が当たりません。結局、今日も33度でした。

豊後便り・飯田高原篇

別府で老後を楽しんでいる友人から、飯田高原へ行ってみた、とのメールが来ました。

f:id:mamedlit:20210801102445j:plain

ハナショウブ

【うだるような暑さを逃れて、飯田高原長者原蓼原湿原に出かけてみました。町よりも気温が5度位低く、湿度も低いのでとても過ごしやすいです。

駐車場には県外ナンバーの車が多い。福岡ナンバー初め近県からの車が多いですが、中には、鹿児島、愛媛、さらには神戸、静岡、千葉や湘南ナンバーなども見え、やはりここは、全国レベルの観光地なんだと改めて思いました。】

f:id:mamedlit:20210801102959j:plain

ハンカイソウ

背景の草原が美しいですね。葦のほかに、細いけど硬い葉の禾本科植物が繁茂しているので、秋にはきっと,、一面の草紅葉でしょう。

f:id:mamedlit:20210801103427j:plain

ヒゴタイのシルエット

【湿原にひっそりと咲く花は意外に多く、写真に収めただけでも20種類くらいありました。目立って多かったのは、ハンカイソウの群落、終わりかけのノハナショウブキスゲなど。秋の花であるヒゴタイも早くも姿を現していました。】

ヒゴタイは近年花屋で見かけるようになり、近代ビルのホールに置く大きな盛り花などに似合う、モダンな花だと思っていましたが、古くから西日本に自生していたのだそうです。熊本を中心に栽培・商品化されて普及したようですが、もともと肥後を意味した名だったかどうかは分かりません。薊の仲間で花も葉も棘が痛く、何となく、かつてヒットした「青春時代」という歌を連想してしまうのです。

回想的長門本平家物語研究史(序)

講談社の勧善懲悪児童文学から脱皮して、文学に目覚めたのは14歳の夏、芥川龍之介によってでした。徹夜で読みふけり、雨戸を開けたら台風一過の強烈な朝光と、隣家のジャズピアニストが弾く曲節とが降り注ぎ、一瞬、目眩がしたことを昨日のように思い出します(楠の葉に溜まった雨露が燦いていました)。誰でもそうでしょうが、思春期はつらいことが多い。ヘッセや太宰治など、父母が若い頃に読んだ蔵書の中から、自分は何故生まれてきたのか、何故生き続けなければならないのかを問うて書かれた文学を読み漁りました(後に知ったのですが、英文学を専攻した母も、芥川のファンでした)。

しかし、芥川は天才至上主義です。彼自身もその価値観に苦しみ、まして平凡に生きようとしている私には、手が届かない。生まれてきた以上、無名であってもその生は、この地球上で何らかの意味があるはず、寝入る前にはいつもそんなことを考えました。大学へ入り、日本古典文学や近代詩や外国文学を乱読しながらもその思いはずっと引きずっていて、いわゆる歴史社会学派ー益田勝実、永積安明、石母田正たちの名文章に出遭うまで胸の奥に蟠っていました。

学部3年の末に1ヶ月欠席して、東南アジアを廻る見本市船に乗りました。帰ってきたら、同級生は卒論のテーマと指導教授が決まっていて、出遅れました。当時本文確定が始まったばかりの宇津保物語か、金槐集は果たして万葉調と言えるのかというテーマか、もしくは未開拓資料の多い室町期和歌、または平家物語というところまで絞って、指導教授になるはずの井本農一先生(近世俳諧が専門)に相談に行きました。金槐集は小さすぎて雑誌論文向き、宇津保物語は大きすぎ、室町和歌は井上宗雄氏を越えられない、平家物語は新しい作品だから何でも言えるよ、との指導で、方向が決まったのです。

共有

危機感が共有されてない、と政府関係者の口から聞かされると、どっちの言う科白だ、と言いたくなります。最近は閣僚、厚労官僚、コロナ対策分科会専門委員、都職員の中でも言うことが区々で、数字や現状把握や今後の見通しに、整合性がない(相互に、だけでなく、同じ人間の中でさえ)。がんばってるなと思って見ていた都知事が、五輪のおかげで在宅率が上がっているとか、一人暮らしの方は自宅が病室だと思っていただき、とか公言するようになり、なりふり構わずになってきました。

もうすぐ来る国政選挙。しかし野党は国会で、政府に信用がないから自粛が広まらないんだ、どうするんだ!と詰め寄るだけ(言ってることは正しくても、今そこでそれを言って、どうなる)。忠告しておきたい。いまこの時期に、根本的な国政の枠組み変更を選ぶ余裕は、選挙民にはない。来たる選挙では、もし自分が今、行政のあのポストにいたら何をやるかを語れ。行革大臣でも経済再生担当相でも、厚労相でも知事でも、WHO事務局長でも保健所長でも、はたまた総理でも。

街は人出で賑わっています。退け時の居酒屋はほぼ満席、土日は若い、平日の朝夕は高年齢のカップルが出歩き、報道画面を見れば、入れないのに国立競技場周辺や五輪モニュメントの前は黒山の人だかり。東京の住宅事情は、3日も4日も家族が鼻突き合わせてじっとしていられるようにはなっていませんし、長引く自粛で用事もストレスも溜まっているところへの4連休、代々木の森では万近い人数でお祭りをやっている、となれば、温順しく家に籠もっている方が異端者のような気分になるでしょう。

一方で医療や救急の現場では、限界を超える任務を被っています。しかも日ごとに増える。危機感を共有して欲しいのは、政治家やスポーツ関係者、そう、あなた方です。

美濃国便り・ボタンクサギ篇

岐阜の中西達治さんが、俳誌「俳句界」8月号に書いた川治汎志句集『『樫』と『風土』』(文学の森)鑑賞のエッセイを送ってきました。川治汎志さんについて、私は初めて知ったのですが、1936年愛知県の生まれ。加藤かけいに師事し、山口誓子の「天狼」に投稿、中西さんとは同僚だった時期があるとのこと。「ピックアップ注目の句集」として、新刊の『『樫』と『風土』』が取り上げられたのです。

自選句「緑光のオーロラ顕てり神来る刻」「円空の旅の背に似る秋の墓」などを見ると、素人の私にはすこし言い過ぎる感がするのですが、自身は「自分の生きている存在感を刻むように詠み、書くこと」「森羅万象を自分の目でよく見、耳を澄ませてよく聴き、より深く感受して、句の中心に結実させること」を大事にしているそうです。

中西さんが抜き出した句を見ると、安保闘争の学生時代から晩年に至るまでの骨太な歩みが描き出され、同時代人としての敬意が漂うのが分かります。「葱煮たてカミュを読む黄の夕暮」「処女の葬しづかに栗の花匂ふ」「母となるか寒夜湯気たつ妻の肌」など、人一代の凹凸が五七五の世界に構築されていますが、その中で私は、「湯を蹴りて盥を蹴りて嬰の春」がいいなと思いました。

中西さんの手紙には、勝手に庭に生えてきたというボタンクサギの花の写真も添えられていました。繁殖力の強い低木だそうで、葉が臭いので目の敵にして抜くのだが退治しきれない、でも花は見事、とありました。そう言えば、どこかの家の垣に咲いているのを見かけ、紫陽花の変種かと思って眺めた記憶があります。中国原産、クマツヅラ科(シソ科に分類する説もある)。つまりランタナの仲間なんですね。ピンクの花手毬のようで、綺麗です。葉に触らずに、咲かせておいたらいいのでは。