美濃国便り・明治13年篇

岐阜の中西達治さんから、「安積開拓計画(士族授産)と斯文学会創設(儒学再興)―明治13年の秋月胤永」(「金城学院大学論集(人文科学編)18:2)の抜刷が送られてきました。中西さんはこのところずっと、戊辰戦争後、一時美濃の高須に蟄居した秋月悌次郎(胤永)の伝記を書き続けています。今回は若松に戻った秋月が、和漢学復興のための斯文学会創設と、一族を挙げて地元の士族授産計画に関わろうとした時期、明治13年を中心に取り上げています。

私は幕末・維新期の歴史には全く無知で、関心もなかったのですが、中西さんから定期的に送られてくる秋月伝を読むうちに、いろいろ考えさせられました。殊に戊辰戦争の悲劇の後、当事者たちや明治新政府がその後始末にどう関わったのか(あるいは関わらなかったのか)を知ると、現代、未来の日本の問題と無縁ではないと感じます。

本論文によれば、明治9年に若松県・磐前県を併合していまの福島県ができ、県参事中条政恒が元米沢藩士の県令山吉盛典に邪魔されながらも、新政府の大久保利通に、斗南から戻って生計に苦しむ旧藩士のために、安積原野の開拓を陳情したそうです。明治天皇奥羽地方視察を特に佐々木高行(後に元老院副議長)に命じ、彼は秋月とも懇意だったので話は進み、秋月の嗣子胤浩は一族挙げての移住計画を立て、県は入植者募集を始めたものの結局実現しなかったというのです。その間胤永は、岩倉具視が日本の洋風化の行き過ぎを心配して作った、斯文学会の実務責任者にもなっています。

大河ドラマは今、もう一つの「八重の桜」―勝ち組でなく負け組の物語を制作すべきではないかしら。福島復興、政治の選択、歴史の審判、戦争の遺産・・・現代の我々が自らの時代責任として選ばねばならない問題が、そこにあるような気がします。

川越便り・絶滅危惧種篇

川越の友人が、これは珍しいだろう、と送ってきた写真です。

ワタナベソウ

四国・九州にのみ自生し、絶滅危惧種に指定している県が多いらしい。珍しい名前は、発見者の名前をつけたのだそうです。渋くていかにも茶花向き、ユキノシタ科。ウェブで見ると、花の芯が変わっていて面白そうです。葉は写真の左隅にちょっと見えています。

桔梗

これは普通の桔梗。近所の山野草マニアのお宅では、白桔梗の蕾が膨らんできました。我が家の桔梗は咲き終わり、切り戻しをしたところ。

突然のあまりの暑さに、我が家ではトレニアアリッサム日々草も花が萎み、コキアとコリウスの葉だけが鮮やかです。日々草は、買った時は薄紅・薄桃の淡色だと思ったのですが、どうやら花屋で日に当てていなかったらしく、我が家でガンガン日に当てたら、濃赤と牡丹色だったことが判明、葉の色も濃くなり、日々草らしくなりました。

梅雨が短すぎて、梔子の花は咲いて半日でぐったりしてしまい、蕾の数も例年の半分でした。いつもは喜んでくれる肉屋の女将に、今年は謝ってしまうことになりそう。

印度の素焼の壺に水を張り、炎暑に燃えるベランダに置きました。昼間は冷房を入れず、家中を吹き抜ける風の中でおとなしく本や新聞を読みます。夜になって冷房を入れるとほっとするのですが、気温からかけ離れた生活をするのはどうも恐い気がして、窓を開けられる日は金太郎ファッションでがんばることにしています。その代わり、夕食が終わるともうへとへと、今日1日の戦いは終わった、という気になってしまうのです。

日照良好の家なので、朝は元気一杯の太陽に起こされます。朝風呂で屈伸運動をして体熱を上げ、汗の出る前に服を着てしまう。その頃には窓から風が入るようになります。しかし机上のPCの発する熱がつらく、本日はこれにて。

夕霧の恋

植木朝子さんの論文をまとめ読みしました。①「猿楽的世界の魅力―夕霧の恋の喜劇性」(『源氏物語を開く』2021/3 武蔵野書院)、②「能「羊をめぐる一考察―羊のイメージに注目して―」(「同志社国文学」92 2020)、③「『梁塵秘抄法華経二十八品歌と釈教歌、経旨絵(その6)」(「文化学年報」69 2020)、④狂言と歌謡(「能と狂言」17 2020)です。植木さんは若い時から多作な研究者ですが、激職にありながら、博識の論考を途切れなく出して行けるのは蓄積があるからだと感服しました。

④は掲載誌の「固定化以前の狂言」というテーマ設定に沿って、取りこまれた歌謡の詞章を通して狂言の面白さを考える試み、③は2012年から同じ雑誌に連載してきたもの。『梁塵秘抄』の法華経二十八品歌と、同じ題材を扱う絵画や和歌との比較の解説で、図版などを加えてまとめられるのが楽しみです。③は16世紀には上演されていた廃曲「羊」について、影響を与えた狂言「鶏猫」と「牛盗人」などを含めて考察していて面白く、意外な知識も得られました。

①は「専門を異にする国文学研究者による論考54編」と銘打った企画編集の1篇。堅物に育てられた夕霧が、幼なじみの妻雲居雁がありながら、旧友の未亡人落葉宮に恋をします。その経緯を描く「夕霧」巻は自然描写が絶妙で、私は大好きな巻でしたが、研究者の間では夕霧の恋のちぐはぐさ、滑稽さが指摘され、植木さんはその点を歌謡や猿楽との共通性という観点から強調しています。

源氏物語第二部から第三部にかけては、「人から人へ架け渡す橋はない」と言わんばかりに、殊に女心を理解できない男の恋が浮き彫りになっています。その中で夕霧の恋は、父光源氏の裏焼き写真の役割を果たしている。また源氏物語を読み返したくなりました。

梅の実で耐暑

もう梅雨明け?夏至が過ぎたばかりだというのに、猛暑日がやってきました。「梅雨明け十日」といって、梅雨が明けてからの10日間が最も暑く感じるのだそうです。実際、東京は旧盆を過ぎると日が短くなり、夜は涼風を感じるようになって、江戸は東北の入り口なんだなと実感します。昨日くらいまでは未だ街が温まっていなかったので、どうやら冷房なしに過ごせましたが、今からこれでは今夏はどうなることか。

我が家で漬けた梅シロップは、身体を使う仕事の女性たち3人にエール代わりに分け、私も朝、オンザロックで飲んでいます。砂糖少なめで作っているので、黴がつかないよう酢を差した瓶もあるのですが、夕食には小さなグラスにその甘酢を入れ、小柱の干物(干し蝦やちりめんじゃこでも可)を浸しておき、冷酒のつまみにします。美味でございます!甘酢にはほのかに、梅の香りが移っています。

試作した梅の味噌漬にも果汁が上がってきて、冷奴やもろきゅうのたれに使って重宝しています。日が経つにつれ、味噌に梅の風味がやわらかく滲んできました。蒲鉾にも最適です(昨日は安いぐにゃぐにゃの蒲鉾だったけど、今度はもっと締まった上質の蒲鉾にしよう)。綺麗な茄子を頂いていたので、皮ごと縦2つ割りにし、切れ込みをいれて胡麻油を浸ませ、電子レンジにかけて柔らかくした後、梅味噌を塗って再度レンジにかけました。2分+40秒、くらいでしょうか。これもまた美味でございます!梅味噌は飽きてきたら、一味唐辛子を振ったり、マヨネーズと混ぜたりしてもいけそうです。

目分量で作ったのですが、350g入りのジャムの空瓶に、味噌を敷き、砂糖少々を振り、青梅(計6~7個)を並べ、味醂を回し掛け、味噌を被せ、梅・・・を繰り返して詰めました。味醂が多すぎると果汁が上がってきた時に瓶から溢れるので、要注意。

覆水盆に還らず

尼崎の住民個人情報記憶媒体紛失騒動は、あまりにお粗末で、報道にインタビューされた住民は、「還ってきてよかったけど、住民としてはゆかいではないね」と控えめなコメントをしていました。しかしこれは、業者の個人的不始末として笑って済ませてはいけない問題だと思います。市は第3者委員会を作って対策を検討するそうですが、国がマイナンバーカード制度の達成度と地方自治体への交付金とを絡めて推進すると言い出している折から、もっと根本的、総体的に考えるべきでしょう。

国でも地方自治体でも、データ処理は外部委託するのが今日この頃では当たり前でしょう。守秘義務を誓う公務員でさえ情報漏洩を起こす御時世なのに、外部業者のセキュリティ対策がどこまで信用できるか、保証がありません。業者の雇ったスタッフの身元調査ができるわけではなく、しかもこの業界は人事が流動的です。

生涯現役だった保険営業ウーマンの従妹の話では、職場では屡々抜き打ち検査があって、ごみ箱の中、個人の手帳まで調べられ、メモ用紙1枚でも顧客の情報を書いたままにしておいたら始末書だと言っていました。データ処理会社が、単に社員に注意事項を伝達するだけでなく、会社の制度としてどれだけ警戒・点検をこまめに行っているかを知った上で、業務委託すべきではないか。国も、業者の質を向上させ、水準に達しない業者を排除していく制度が、行政のデジタル化推進には必須だと考えるべきです。技術的にも、無許可で記憶媒体を持ち出したら警報が鳴るようなシステムは開発できないものでしょうか。

大手金融機関の不始末で個人情報を洩らされ、10年近く怪しげな電話に悩まされた話は、以前このブログに書きました。一旦流れ出た情報は、拾い集めて元のように遮断することはできないのです。

恐いを知って

昨日は沖縄慰霊の日。今年は梅雨が明け、広島出身の総理も参列して県主催の追悼式が行われました。総理を見つめる県知事の眼光は、(前知事もそうでしたが)鋭い鏃のようで、さもありなんと思いました。摩文仁の丘の平和の礎の映像も流れ、刻まれた親族の名を指でなぞる人々の仕草に、胸が迫りました。異境に出かけて行ったわけではない、地元、狭い島の中で亡くなったのに遺骸さえ見つからず、この仕草だけが可能な弔いなのだという事実。

式典では毎年、公募された小中学生の詩が読み上げられますが、今年は小学2年生の女の子。詩は「こわいをしって、へいわがわかった」という題で、丸木夫妻の「沖縄戦の図」を家族と共に観に行き、恐くて悲しい体験をして、平和とは何かを考えたという内容です。未だよく口が回らないようなあどけなさで、しかし私は(例年そうなのですが)、座り直してTV画面を視ました。

第1に感心したのは、これは詩だ、しかも音読に向く詩になっている、ということでした。プロパガンダではない、詩です。まず各行の文末表現が選び抜かれていると思いました。「だった」「あった」という言い切り、「な」「よ」「かな」等の終助詞、疑問文、1箇所に限定された願望の助動詞、最後は言い切りで結ばれる。余計な語がない。

第2に感心したのは、幼いながらに「平和とは何か」を、自分の肌感覚で掴もうとしていること。それは毎年「平和の詩」を読む沖縄の子供たちに共通しています。ともすれば平和教育がマンネリになって生徒たちから敬遠される話を聞きますが、沖縄では、島の土も海も空も、次世代に、自ら平和を考えろと教えているのだと思いました。そして自分自身で発見した理念こそが、最後まで守るに値する。そうではありませんか。

都々逸

2週間ぶりにエノキさんがやって来ました。先週は私がオンライン会議だったので、休んで貰ったのです。梅雨空が重く、家の中は昼間でも灯りをつけないと真っ暗。雷雨が来そうな気配です。エノキさんは先週、仕事帰りに雷雨に遭い、激しい降りで1歩も進めないことがあったそうです。

この頃は街中でも雨宿りできないよね、新しい家は真四角で軒先がない、と言ったら、そうなんですよ!と共感。ずぶ濡れで帰宅して、昔は雨宿りというものがあって、都々逸にもあったっけ、と思いました、と言う。えっ、都々逸?・・・堅気の40代のエノキさんの口から、すらりと都々逸という言葉が出たので、思わず訊き返しました。そうです、たしか、雨宿りして出会った人と何とやらという都々逸があったけど、思い出せないので友達に訊いたら(エノキさんは交友関係が広い)、記憶よりずっと色っぽい内容だったので慌てました、とのこと。

私からすると、都々逸はもともと、色っぽい酒席で芸人か政治家が唸るもの、堅気の家庭では単なる知識以上の関係はないと思っていたので、吃驚。それでどんな都々逸?と尋ねたのですが、もう忘れたけどNHKでは流せないレベルです、とのことでした。

ネットで調べたら、最近は都々逸を作ってみよう、歌ってみよう、という話題が幾つも見つかり、若い人たちの間には上述のような「偏見」はないらしいことが分かりました(もともと幕末の名古屋から始まった芸能だそうで、そう言えばエノキさんは三河の出身だった)。近代の教養とは別の文化で育ったオジサンが、芸者に三味線を弾かせて歌ってみせるものという、私の持っていたイメージは今や全くの誤解でしかないようです。

それにしても、雨宿りして色っぽい縁が生まれるという、有名な都々逸の歌詞とは?