奨学基金平成29年度選考

ここ15年来関わっている(選考委員ではありませんが)奨学基金の、今年度選考が終わりました。これから採択者には銀行の担当者から通知が行き、本人の意志を確認した上で決定します。選考では修士課程4名・博士課程6名の計10名が採択されました。この基金の事業報告は官報に掲載されます。

訂正:選考結果の人名などは官報には載りません。事業報告に関する数値のみです。

運営委員会ではOBの活躍を示す『鴎外の漢詩と軍医・横川唐陽』(佐藤裕亮著 論創社)、『障害者の就労支援のあり方についての研究』(中尾文香著 風間書房)、『探求環境問題解決の道―人と自然和諧共存』(総合地球環境学研究所・中国環境問題研究基地編 同済大学出版社)等の本も御披露され、委員の先生方は興深げに手に取っていらっしゃいました。

この基金は、品行方正・成績優秀かつ勉学の意欲に富んだ大学院生でありながら、経済的理由により修学困難な者に対して奨学援助を行い、幅広い教養と倫理観をもった、人間性豊かな、将来の日本に役立つ人材を育成することを目的としています。

採択に当たっては、経済的状況のみならず、修学意欲・研究の将来性・実績等が総合的に審査されます。採択後、各年度の継続審査に於いても同様です。

来年度以降の募集についてのお問い合わせは

三菱UFJ信託銀行リテール受託業務部公益信託課 公益信託松尾金藏記念奨学基金事務局 0120-622372 まで。

なお受給した方々の有志で作る同窓会「明翔会」があります。公開研究報告会の開催、ニューズレターの発行などを行っています。こちらのお問い合わせは

土屋悠子 meisyokai@gmail.com まで。