読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あるく球根

日々雑録

本2冊の編集・校正が終わり、我が家の鉢の草花にも目が行くようになりました。葡萄ムスカリが咲き始めています。何故か葉が長く伸びてしまうので、饂飩の中から顔を覗かせた小蝦のような感じですが、冴えた青紫の花房が可愛い。

ムスカリは1年でたくさんの子球を作るので、花が終わって掘り上げても仏舎利のような小さな子球が土中に残り、そこここから芽を出します。草ぼうぼうで路肩に放置されているプランターなどにそっと播いておき、3年も経つと一人前に花をつけるようになります。近所の小学校の塀際に咲いているムスカリとクロッカスは、こっそり私が植え込んだのですが、抜かれたり踏まれたりしながら3年目に花をつけた時は、心中快哉を叫びました。

不思議なのは球根が翌年芽を出す時、去年の位置とはすこしずれていることです。印をつけているわけではないので、気のせいかなとも思うのですが、やっぱりうごいている。球根は冬の間、土の中で歩くのでしょうか。