白河

学部2年の夏(昭和39年です)、奥の細道一周旅行に出かけました。「この指止まれ」で集まった、同級生9名というがやがや集団です。初めての自由な集団旅行だったので、新奇な体験(それぞれ異なる家庭のしつけを目撃した)の連続でした。

当時は、東北本線は未だ一部蒸気機関車でした。トンネルに入る時は慌てて窓を閉めたり(勿論、空調はない)、黒磯は電流切り替えのため停車時間が長かったりしました。白河関はもう夕暮れで、ただでさえ薄暗い木立の中に、ひっそりと歌碑が並んでいました。梅雨明け前の土砂降りに遭い、旗宿の民宿に入った時は靴まで水浸し。しっかり者の嫁さんがやっている民宿の大座敷に、雑魚寝しました。民宿というものが始まったばかりの頃です。夕食に蓴菜が出たのが珍しかったことを覚えています。

朝は、梅干しに砂糖を掛けたものと朝刊と牛乳が出されました。当時、旅館に泊まると、朝一番に番茶と梅干しに砂糖・醤油を掛けたものが出されたのですが、お茶でなく牛乳1本がついてきたところが福島らしい。出発しようとしたら、みんなの靴に新聞紙を詰めて乾かしてありました。お姑さんらしいお婆さんが、「昨日、干そうとしたら嫁から余計なことをするなと叱られた」と漏らし、私ははっと胸が詰まりました。でも、お嫁さんはお姑さんと並んで、私たちの姿が見えなくなるまで手を振ってくれました。

白河の関にかかりて旅心さだまりぬ」と芭蕉も書いています。白河関は、中古・中世の歌人にとっては特別な「聖地」でした。しかし武人たちにとっては、都人のイメージした僻地、異域への入り口とはまた別の意味をもつ土地でした。渡邊裕美子さんが花鳥社のHPに、「みちのくの歌」と題して書いています。  https://kachosha.com/

軍記物語講座第1巻『武士の世が始まる』の編集が、起動しました。

日本郵政

郵便は、土曜配達をやめるそうです。最近の日本郵便のやり方を見ていると、素人目にも、本気で経営を考えているとは思えません。今どきどの企業も、油断すれば苦しくなる経営を必死に持ち上げようとしている御時世の中で、メールや宅配に追い上げられて需要が減り、人手不足という逆風もあって、一際困難な未来が目に見えているというのに、わざわざ顧客を減らし、人心が離れていくようなことばかりやっている。民営化を、手段を選ばず推し進めたパパ小泉も、不本意なのではないでしょうか。

かんぽの不祥事は言うまでもありませんが、商品の販売・勧誘の無神経さには、ときどき腹が立ちます。自分たちの都合ばかり考えているからです(ノルマがきついからと言って、顧客に迷惑をかけていいわけではない)。我が家は本局のすぐ近くなのですが、今でも月曜配達はないも同然です(火曜日にどさっと来る)。この上、土・日・祝日の配達がなくなれば、普通郵便は都内でも最大5日かかることになり、いつ着いてもいい程度の重要性が低いものしか、利用されなくなるでしょう。

見ていると、郵便物が少なくなったのに、局舎のスペースはそのままで、作業動線が大きすぎる。グリーティングカードなど、いろいろなグッズや宣伝チラシがごちゃごちゃ置いてあるが、とうてい、手に取って見ようという気にはならないレイアウトです。銀行などは、広すぎる支店のスペースをカフェに貸したりして工夫しているのに、自助努力が見えません。

永年築き上げてきた親近感と、地域への浸透度を活かして、事業再生を本気で考える時機だと思います。職員には知恵者もいるはず、経営トップはどうしているのですか。

箸尾弁天縁起

辻浩和さんから、大和国広瀬郡箸尾弁財天の縁起集『瑞夢記』(大福寺蔵)に関する論文(「大福寺所蔵『瑞夢記』について」日本文学研究ジャ-ナル10)と、『瑞夢記』の中巻第5話「遊女梅王蒙御利生事」の翻刻が送られてきました。『瑞夢記』は、奥書によれば応長2(1312)年に編纂され、文安元(1444)年に書写されているが、その中に平家物語灌頂巻を踏まえたらしい表現があるので、とのお手紙がついていました。

なるほど、中巻第5話中、宇治に住んでいた遊女梅王が、男に拐かされて小原の里のあばら屋に連れて行かれる箇所には、「彼建礼門院女院ノ住セ給ヒケル小原ノ奥、セレヲ(芹生)ノツヽキ、寂光院ヘマイリテ見レハ」「軒端ニハシノフマシリノワスレ草ノミシケリ」などとあって、覚一本平家物語灌頂巻の一節を引いています。完全な同文ではありませんが、「比ハキサラキノ二十日余ノ事ナレハ、カスメル空ノ月ニモ」云々の部分も、覚一本平家物語の巻10「横笛」を踏まえていると言えるかも知れません。

本話が書写時の増補でなく、応長2年の編纂時に録されたとすれば、語り本系本文の比較的はやい例と数えることができます(なお古態本とされてきた延慶本や屋代本を見ると、巻10,巻12とも表現がやや異なっています)。

辻さんの論文の目的は遊女の生態を探ることにあるのですが、こういう思いがけない資料から、平家物語の中世的享受が知られるのも芸能史の面白さでしょう。史料操作のきっちりした辻さんが、断片的な情報を蒐めて、いつの日か平家物語の成立と享受を論じて下さることを期待しています。

 

つしま

歯医者に出かけました。夕立の来る前に、と早めに出て、本屋に寄りました。本屋に入って手ぶらで出て来られないのが、我が家の家風。あちこちの棚から本が目配せしているような錯覚に囚われます。当分、日本史と国文学の本は読みきれないほどの山があるのだから、と見ぬふりをし、新書や文庫も新刊の陳列だけを見ることにしたのですが、店を出る時には4冊が手提げに入っていました。

そのうちの1冊は、『俺、つしま』(おぷうのきょうだい 小学館 2018)。猫本の中でも人気本だとは知っていたのですが、今までは手に取る気もありませんでした。このところ、細かな作業や人の橋渡しをする仕事で煮詰まっていたせいか、表紙がぐいっと迫ってくる感じがして、思わず買ってしまいました。

ユニークな漫画です。猫の細かな表情が絶妙に描かれている。あくまで猫目線で、飼い主は性別も曖昧なゾンビのように描かれ、ユーモラスだが主張がある。漫画はこのくらいのデフォルメ、現実との距離感がなくてはと思います。

幼年時代、猫は半野良で飼うものでした。数軒の家を気ままに渡り歩き、台所口に残飯を出しておくといつの間にか食べていく。家には上げません。猫の方も、撫でさせはするが向こうから甘えては来ない。ときどき、一宿一飯の御礼のつもりか、鼠を咥えて見せに来ました。追い回して取り上げようとすると怒る。見せびらかすように、口元に鼠をぶら下げて歩き回るので、閉口しました。この本の描く猫の行動は、みんな見知っていたものばかりのような気がします。

続編が出ているようですが、こういう本は1冊でいい。歯医者で口じゅう引っかき回されている間も、帰ったらゆっくりあの漫画を読める、と我慢することができました。

ノートルダムの雲

巴里に別荘を持っている神野藤昭夫さんからメールが来ました。毎日、だいたい23度くらいの最高気温だが、40度超えの日もあり、大家から扇風機を借りてしのいだ、とのこと。夫妻でブルゴーニュを訪れたり、気の利く娘さんが金婚式だからと言って上席を予約してくれたレストランで晩餐を楽しんだり、だそうです。

修復中のノートルダム寺院の写真が添えられていました。巴里の空には、もう秋の雲が流れているようです。 

f:id:mamedlit:20190820110447j:plain

「2019年夏のフランスの空をお送りします。 

7月は申し訳程度の雨が降った日、一日。ほとんど晴れ。記録的な猛暑にも遭遇。 

しかし、7月末から、2泊3日のブルゴーニュ小旅行から帰ったら、はや秋の気配。 

やがて曇天、雨、ときおり晴の日があって、今日は、久しぶりの晴天です。」(神野藤昭夫 20190819)

理想の老後ですね。

雲の美しい夏、というものがあるようです。1999年の夏、放射線治療を受けていた父が入院する川崎へ向かう高速道路の空に伸びる雲が、鮮やかでした。今年はどうしてこんなに雲が美しいのだろう、と思いました。2012年の晩夏、壇ノ浦の赤間神宮を訪ねた時、空港へ走るバスの窓から、関門海峡を跨ぐ雄大な雲に見とれました。

幼年時代、父と散歩しながら、雲の名前を訊いては教えて貰いました。どうしてあんなに雲に詳しかったのかと思いますが、当時、岩波写真文庫というシリーズがあって、その中に『雲』という1冊がありました(1951年 阿部正直監修)。いま見ても白黒写真の美しさと、簡潔な解説とがよくできたブックレットです。

6歳の秋から骨の病気で寝たきりになり、日光浴をしながら、空行く雲がさまざまな形になり、ほどけていく一部始終を眺めました。石井桃子の『ノンちゃん雲に乗る』という児童小説(1951年 光文社)を、親戚が送ってくれたのですが、乱丁があって(当時の書籍にはよくあった)、それに気づくまで筋の分からないままで読んでいました。ベストセラーになり、人気タレントだった鰐淵晴子主演で映画化されましたが、原作はふつうの家の子供が、ふつうの学校生活で出会う、ちょっとした違和感が、雲に乗るという別世界を体験することによって新しい角度から見えてくる、というところがミソなので、バイオリンを弾く主人公という映画は別物でしかありませんでした。

都会で慌ただしく働いている間は、雲の写真集のカレンダーを机の脇に掛けることで満足していましたが、最近はカレンダーの図柄が犬猫ばかりになり、入手できません。海か草原か、雲のたたずまいを眺めて暮らせる別荘は、もはや叶わぬ夢です。もう一度、湘南の水平線に沸き上がる入道雲や、初秋の鱗雲や巻雲を見上げて暮らしたい。

 

記し遺す

古代中国で、正しく政治の記録を遺すことは命を賭けるに値するとされていた、という有名な説話があります。暴王の悪逆を国史に記した記録係(史官)が怒った王に殺され、にも関わらず、頑として書き残そうとする者が絶えず、遂に王が諦める話です。原話は『史記』や『春秋左氏伝』にある、崔杼という人物の話ですが、『太平記』にも見え、それぞれちょっとずつ違っていて面白い(各書の強調したかった細部が異なる)。『太平記』と漢籍に関する研究に詳しかった増田欣さんは、『太平記』は『貞観政要』や『長恨歌』『長恨歌伝』をも併せてこの挿話を構成したと考証しています。

太平記』では、流布本・天正本・西源院本など主な諸本には殆ど同じ内容で語られています。巻35(天正本は巻38)、世の混乱はどう収まるとも予測がつかない延文の頃、北野天神で通夜していた武士・公家・僧侶鼎談で、公家が上を諫める忠臣の重要性を説く例話です。兄の婚約者楊貴妃を奪った玄宗皇帝の暴虐を、史官が史書に書き残したことを知った玄宗は、史官を死刑にするのですが、魯(孔子の国です)から次々に史官志望者がやって来て仕え、玄宗の所行を書き遺す。

史記』では、崔杼が主君を殺したことを史書に記し遺した史官を、崔杼が殺しても殺しても、その弟が書き遺す。『左史伝』では崔杼が主君を殺したと書いた木簡を、史官の弟たちが次々宮中へ持参するのですが、弟たち全員が殺されたと聞いた者が、同じ事を竹簡に書いて駆けつける―70年前、昭和天皇の、さきの大戦に対する悔恨の思いを洩らさず書き留めた宮内庁長官のノート。それを焼却させなかった息子が、えらい。

激動の中に生きている者こそ、日々猶予のない自分たちの選択に謙虚であって、将来の検証のために書き残していくことの必要を知っている。そうありたいものです。