大名邸での生産活動

小寺瑛広さんの「旧徳川昭武庭園(戸定邸庭園)における生産活動」(「國學院雑誌」5月号)というレポートを読みました。徳川昭武(1853-1910)は最後の水戸藩主で、その私邸の戸定邸松戸市にあり、庭園は国指定名勝となって、作庭当時の姿に復元、保存されているのだそうです。

江戸時代の大名庭園は、儀礼と交際、饗応のための空間であり、農作物や園芸植物、陶器などの生産活動の場でもあった、明治になり、華族制度になってもその性格は受け継がれていた、と小寺さんは書き起こします。じっさい、御庭焼として「戸定焼」が多数作られて、主に植木鉢や贈答用品として使われ、万年青(オモト)、蘭、朝顔、仙人掌(サボテン)などが育てられて、室礼や贈答に使われたようです。

昭武は広大な土地を所有しており、そこで果樹や農作物を栽培させていました。柿、石榴(ザクロ)、橙、葡萄、栗、夏蜜柑、梨、大根、葱、茶、トマト等々の記録があるそうです。仏蘭西から、複数の品種のメロンの種を取り寄せて、栽培したりもしたらしい。さらに養蜂、孔雀や小鳥の飼育もしていたようで、写真好きの水戸家ゆえ、殿様自ら撮った写真がたくさん掲載されています。これらは地域の農産業育成のためもあり、ワイン、トマトジュース、メロンなどは西欧文化への憧れもあったのではないでしょうか。

院生時代(50年前です)、水戸の彰考館へ調査に行った時、3時のおやつに、茹で栗を出されました。大粒の、見事な栗でしたが、なぜか1つ残らず虫食いの孔が空いている。私たちが変な顔をしたのでしょうか、職員から「庭の栗は殿様にお送りするのですが、虫食いだけは私たちで食べてもいいことになっています」と言われ、吃驚したことを思い出します。

真っ直ぐな目

時刻がまるで分からないような、暗く垂れ込めた1日でした。今日は沖縄慰霊の日。TV中継で見る摩文仁の式典会場では、もう蝉の鳴いている年もあったのに、今年は未だ梅雨の最中です。そして去年は、痩せこけながらも背筋を伸ばした、まさに思いはただひとつ、という姿の前知事がいました。今年は新知事が平和宣言の最後を、沖縄の言葉と英語とで締めくくり、世代交代を眼前に見た気がしました。

例年、平和の詩が朗読されますが、今年も、小学6年生の「本当の幸せ」という詩が暗誦されました。女の子の真っ直ぐな目、強く言葉を発する唇、現職の頃はこういう目に見つめられる日々を送っていたのに・・・という感慨に襲われました。老人として暮らす日常では、逸らしたり触れないようにしたり、という姿勢が普通になってしまっている。私だけではありません。来賓席に並ぶ人たちも、東京にいる人たちも、です。

早口で逃げるように読み上げられた首相の挨拶は、言葉だけ見れば尤もらしいが、実際にやっていることとは違っている。会場からも野次が飛んでいましたが、ちらりと映った辺野古埋め立ての無残さに、息を呑みました。そして中継終了後、NHKが流した、珊瑚礁の美ら海を漕ぐカヤックの短い番組は、結果的に沖縄からのメッセージを代弁したのです。

生きて、人々と共に笑い合えること、それが大事、と語り継ぎたい-真っ直ぐな目で、強い唇でそう宣言した次世代を守ることが、国を守ることです。ほかにいったい、何を守るのでしょうか。

 

こまめ水

そろそろ熱中症予防の「こまめに水分を摂り、適度に冷房を・・・」という決まり文句を聞かされる季節が近づいてきました。スポーツドリンクは、あまりに体液に似ていて好きになれないので、自家製の予防水を工夫しています。定番は皮ごとざく切りにしたレモンと水と塩、それにちょっぴり砂糖、というレモン水ですが、我が家の愛用品は、レモンの代わりに塩漬の桜花を使ったもの。見た目も風情があります。

今年は、商品入れ替え時期に買い損ねて、桜花漬は小瓶1個しか買えず、小梅シロップを作る機会も逃してしまいました。広島産のレモンを頂いたので、まずは定番を1瓶作りました。次に、採れたての楊梅の実で、砂糖だけと、レモンと砂糖で煮たものと、2種類のシロップを作ってみました。結果は、砂糖だけの方がいい。楊梅本来の野山の香りが残り、素朴な郷愁を誘います。梅雨時のだるい疲れには、やや酸味の利いた、薄甘く、冷えた飲み物がぴったりで、色も綺麗です。砂糖は少なめにするのがコツ。楊梅150gに砂糖は30g、水は500ccくらいでしょうか。実も食べられます。酸っぱさがアクセントになって、しゃっきりします。

小瓶に分けて、体力を使う仕事の女性たちに届け、喜ばれました。終日揚げ物をしている肉屋の女将からはお返しに、生姜をどっさり貰ったので、刻んでレモンの皮と砂糖で煮たシロップ、すこし薄めて塩を入れたもの、2種類を作ってみました。冷やして味見したら、辛い!生姜のきつさに飛び上がりそうになりました。常備用の味に落ち着くまでには、何度も試行錯誤が必要そうです。

熱中症予防水という呼称では無粋なので、勝手に「こまめ水」と名づけることにしました。檸檬こまめ、桜こまめ、楊梅こまめ、生姜こまめ。

大名小学校

博多の中心部、大名町にかつて、大名小学校という小学校がありました。公立ですから、ワルガキ(博多弁では「わるそう」と言います)も、商家の子も職人の子もいました。およそ100年前-この小学校に1人の男の子が転校してきました。みんなの目を驚かせたのは、女中(小間使というのでしょうか)が1人、ずっと従いていたこと。工作の時間には、道具箱を目八分に捧げて工作室へ持って来たそうです。

弁当は、当時見るのも珍しかった、食パンのサンドイッチ。しかも耳は食べ残す。児童たちは取り囲んで見物したらしい。けっきょく、1ヶ月でまたどこかへ転校して行ったそうです。現在の財務金融担当大臣のお父さんです。

亡父はその時の児童の1人でした。ふつうならいじめるところだけど、あんまり違い過ぎて、みんな度肝抜かれちゃって、と言っていました。ちなみに父は、大工の棟梁の息子でした。当然、道具箱は自分で担いで登校したのです。

日本が富裕になったのは戦後、高度成長期以降のことです。父は何人もの住み込み弟子たちと同じに水汲みも風呂焚きもし、決して貧しくはなかったけど、東京の大学に入って下宿先で朝から味噌汁が出た時は感激した、と言っていました。実家では朝食のおかずは漬物だけで、味噌汁は晩のご馳走だったそうです。

自分が年金を貰っているかどうかも知らずに年金財源を工面する政治家は、我々と同じ市民だとは思わない方がいいのかも知れません。それほど・・・ずれてるよ太郎君。

地震見舞

17日の朝も18日の夜も、ゆっくり長く揺れる地震を感じ、遠いけど大きいな、と思いました。17日は茨城で、18日は新潟・山形がたいへんだったようです。1日置いて友人にお見舞いメールを出しました。山形の菊地仁さん(中古和歌文学)と、新潟の鈴木孝庸さん(語り物文芸)から、返信が来ました。

「沿岸部の庄内地方はかなり被害があったようですが、我が家のある内陸部は揺れが大きかったものの、これといった被害はあまりありませんでした。昨夜は電話が通じにくかったため、心配した親戚からも今朝、電話がありました。ご心配いただき、ありがとうございました。 菊地仁」

「わが家の二階におり、たまたま天津の教え子と、WeChatで会話中でした。大揺れに揺れて、ついに我が家も終わりかと思いましたが、本棚に置いてあった南沙織のカセットテープ1本と竹西寛子の本2冊が落ちただけでした。お見舞いありがとうございます。無事でしたので、ご安心いただきたく存じます。 鈴木孝庸

学部2年の夏休み、級友たちと奥の細道一周旅行に出ました。この指止まれ、で始めたら、国文科28名の中11名という一行になり、当時は高校までは女子の一人旅は許されなかったので、初めて他人と一緒の団体旅行、互いにカルチャーショックのてんやわんやでした。予定の半分くらいを終えて日本海側へ出ようとしたら、豪雨のため列車が不通となり、やむなく一旦引き返し、後日反対回りで新潟へ行きました。前年(1964)の地震で落ちた昭和大橋が、未だ河の中に漬かったままなのを見て、衝撃を受けたことを覚えています。コンビナートの火災があったり、液状化現象や地震保険が初めて認識されたりして、歴史に残る大地震でした。

風の家

銀行へ固定資産税の支払いに行きました。最近どうも、目に見えない値上がりがあるようで、年金だけでは2ヶ月が賄えないことが多くなりました(金融庁は、自民党には謝っても国会で謝る必要はない、いや、謝ってはいけない、と思います。老後の可処分資産を用意しておいた方がいいよ、というのは事実だからです。選挙前に大馬鹿が、などと言うのは政権党の都合でしかない。年金以外に資産形成をという勧誘は、もうだいぶ前から政策として進められてきました。我々の方では現実を直視し、年金制度を勉強しておくきっかけにすべきでしょう。勿論、選挙時の選択の参考にも)。

年1度の固定資産税を払ったら、次回の年金振り込みまで、自動引き落としがもつかどうかすれすれの残高になり、日々の買い物をぐっと引き締めることにしました。でも今日は桜桃忌。仏壇に上げる桜桃を買うのは必須ですので、梅を漬けるのを諦めました。

今年は、自転車置場の脇に植えられた楊梅が生り年らしく、びっしりと実がついています。1世紀前の博多の朝には、山から採ってきた楊梅の実を振り分けに担いで売り歩く人がいたそうです。都会人は知らないようですが、あちこちの植え込みにある木です(上野公園などにも)。色づいた実を両掌一杯ほど頂いたので、薄い砂糖水で煮ました。薄紅の綺麗なシロップごと冷やして、疲れた時に呑むと元気が出ます。生では酸っぱい実ですが、シロップに野性的な香りが移り、甘酸っぱさが程よくなります。

街を歩いただけで汗びっしょりになりましたが、我が家は風通し抜群の家(日照と風通しは、不動産屋が顎を出すほど選び抜きました。東京は夏は東風、秋は西風なので、南向きで東に窓のあるのがベスト)ゆえ、窓際で後ろ髪をくすぐる風を堪能しながら、昨日届いた本をめくりました。

 

神楽歌の秘曲

中本真人さんの「神楽歌の秘曲「宮人」をめぐって」(「中世文学」64号)を読みました。大会発表も聴いたのですが、こうしてまとめられると要点がよく分かります。

神楽歌「宮人」は、楽師の家である多(おおの)氏に伝わる秘曲でしたが、多資忠が堀河天皇に伝え、我が子近忠には伝えぬまま亡くなり、道を惜しんだ天皇が近忠に教えて、ぶじ子孫に伝わった、という説話で有名です。これは一種の芸道説話であり、音楽の才のあった堀河天皇の美談でもあります。平家物語では壇浦合戦後の内侍所都入りにちなんで語られ、若い頃は、さして意味が無い説話のように思いましたが、戦後に正統的王権と秩序が回復していく象徴的説話なのでしょう。楽書類や『古事談』にも載っています。

中本さんは「宮人」は元来、解齋のくつろいだ中で歌われたもので、秘曲ではなかったと考えます。永暦元年(1160)の内侍所御神楽が長久元年(1040)の先例に倣って行われた際に「宮人」が演奏され、多氏の家系の中で伝承者が限定され、しだいに秘曲化していったのだと言っています。そうだとすれば、芸能は結構短い時間で性格が変わるものだな、と思いました。

本誌にはシンポ「なぜ西行なのか」や野口実さんの講演「中世前期、出羽に進出した京・鎌倉武士たち」も載っており、若手の投稿も順調なようです。通常、シンポジウムの再録には司会またはコーディネーターの前置きがついているものですが、本誌今号にはありません。講師3名の思惑はまちまち、こういう時こそ司会のコメントが欲しかったなあと思います。