賀茂別雷神社所蔵法華経

相田愛子さんの「賀茂別雷神社所蔵「紺紙金字法華経并開結」について」(「アート・リサーチ」20)という論文を読みました。相田さんは仏教、美術、文学の交叉する平安末期から中世前期の絵画資料、殊に装飾経の研究をしています。この論文では標題の経典全10巻を調査して、賀茂別雷神社所蔵以前の来歴、制作年代、見返し絵の主題について考証しています。白黒ながら写真図版がふんだんに入っていて、関心のある人には参考になります(惜しむらくは印刷の具合か、図2-2と3は殆ど判読不能)。

各巻頭に本文とは別筆の朱の書き入れがあり、また巻八の巻末に「伝□□社奉納」ともあって、それらにより、弘安10年(1287)以前は別の社にあったものを、弘安10年以降他社(賀茂神社かもしれない)に奉納、さらに慶応4年(1868)の箱書から、これ以前に上賀茂社御読経所に移されていたと判断しています。見返し絵の傾向からは、平安末期から鎌倉初期、恐らく1180年前後に制作されたのではないかと推測してもいます。

見返し絵の精しい解読は力作です(ただ「弾力性ある」という説明は、よく分かりませんでした。形容が適切ではないのでは)。一つ残念なのは、冒頭に掲げられた写真と照合すると、箱書の訓読に問題があること。文書類を読み慣れた人に、教えを請うべきでしょう。また「後柏原天皇御宸筆」と記してあることに触れない(後柏原天皇在位は1500-25)のも不審です。

最後に『月詣和歌集』の釈教歌と見返し絵との親近性を指摘していますが、もともと賀茂社で制作された経典でないとすれば、釈教歌の共通性の範囲からどれだけ踏み込めるのか、和歌文学の方からの助言が欲しいところです。

バイタリティに満ちた相田さんゆえ、今後の展開が楽しみでもあります。

食いしんぼ

コロナの街は、天気が好いと老若のカップル(若い組にはマスクなしが増えた)や子供連れで一杯になる(自転車やキックスケーターを交えた家族連れで歩くのは、やめて欲しい。自分たちの集団内で動作を合わせるのに精一杯になってしまって、路上でどれだけ自己中になっているか、分かってるか!)ので、こまめに小路を曲がったり表通りへ出たりしながら、買い物に行きます。

裏通りでは、生垣の葉陰から、赤く色づいたユスラウメの実が覗いていました。思わずつまんで口に入れたくなって、他人様の生垣であることを、はっと思い出しました。春先に、可憐な小さい桜型の花が咲く果樹です。酸っぱいけど食べられるよ、と祖母が教えてくれて、70年前の子供たちにとってはおやつ代わりでした。

表通りの銀杏並木の下に、モミジイチゴが一叢茂っている所があって、これも葉陰にオレンジ色の熟した実が覗き、思わず手を出しそうになりました。10代に住んでいた小石川ではごく普通に自生していましたが、こんな所にどうして生えたのか不思議です。木イチゴの一種で、白い花と大きな濃い緑の葉は存在感があり、生け花の素材として花屋でも売られています。小中の頃は友達と遊びながら実をつまみ食いし、高校生の頃には、自身の思春期と木下闇の季節とが二重になって、悩ましさと重苦しさの象徴に見えました。

思いがけない路傍に、姫ヘビイチゴの実を見つけました。ビーズほどの赤い小さな実ですが、数が多いと綺麗です。調べると、生食には向かないがジャムにはなる、とありました。これでジャムを作るのは大変でしょう。かつて勤務した宇都宮大学の構内は、ほどほどに雑草が残してあり、ヘビイチゴの群落があって印象的だったことを思い出します。帰りに通ったら、実はなくなっていました。犯人は雀の子でしょうか。

コロナな日々 4th st.

ずっともやもやしていることがありますー休業要請と補償はワンセットだ、という主張についてです。必要に迫られていることは理解できますが、コロナ対策=政府の要請→収入補償という図式ですべてを捉えるのは、正しいでしょうか。

新型ウィルスの流行そのものは、一種の天災だと私は考えています。しかしその初期対応を誤り、その後の見通しがふらつき、発する対応が的外れで、しかも遅い、というのはたしかに行政の責任と言えるでしょう。そのために生じた被害は小さくありません。総括をする折には、その点をきちんと記録して後の参考にしなければなりません。ですが、この非常事態を放置して(ますます被害を拡大させ)、それでも営業の自由が優先するのでしょうか。爆発的な患者・死者が出ても、営業が成り立ちますか?

これが風水害や大地震だったら、被害は起こった後で目に見えますが、これから起こる未知数の被害をどれだけ少なく食い止めるか、という選択、それが休業要請だったわけです。先の読める天災ならば、各人がそれに備えをするでしょう。先の読めない災難の対策は、誰かが代表として決断しなければならない。とすれば、選ばれた選択の一部は、我々も為したことです。すべてを国や自治体、「お上」のせいにするのは筋違い、いや危険です。「責任は私にあります」とは言うが決して責任を取らない政治家が、「皆さんにご迷惑をおかけしています」などと言うのに乗せられてはいけません。

内神田で(道楽の)居酒屋を開いている人が、都から補償して貰わないと潰れちゃう、と言ったとの報道を見て、もやもやの内容が分かりました。職業にはつねに幾分かのリスクはつきまとう。必死の努力でも叶わぬ部分を助けてくれと言うのは恥でも何でもない、言いましょう。でも、いま全部を他に要求したら、駄目になるのは誰でしょうか。

梅雨入り前に

沖縄はもう梅雨入りしたそうで、東京も小糠雨が続きます。我が家では、今年はペチュニアとロベリアが咲いています。冬はビオラを、夏は日々草を植えることにしているのですが、その合間には、年によって入手できる苗が違うので、いわば浮気の楽しみ。長く咲き続ける花、つまりは大輪でなく小さな花をたくさんつけるものを選んでいます。

今日はロベリアの毛づくろいをしました。この花は、ある日一斉に花が枯れて、その花殻を摘んでやるとまた咲きます。細い枝を分けながら花殻を摘むのは、猿が仲間の毛づくろいをするような格好になるのです。糸のような茎を摘むと、どうしても未だ元気な花が取れてしまうことがあり、小さい花なので、きしゃごの貝殻に活けて、電話の傍に置くことにしました。

枯れ木のようだったランタナに、やっと新芽が出てきました。嬉しかったのは、石榴の蕾が新たに出たこと。春先の新芽と一緒に2つ蕾が出て、1つは咲き、1つは落ちてしまって落胆していました。本来、石榴は梅雨明け頃に咲くはずなので、これが正しい時季でしょう。石榴は、実際の実よりも花の方が、厚ぼったいオレンジ色の丸みが、何故か甘さを連想させます。毎日、落ちはしないかとはらはらしながら見守っています。

梔子にも蕾が出始めたのを発見。蕾ができる頃は、その周囲の葉が黄色くなって枯れます。花に栄養を譲り、同時に花を目立たせるための交代なのでしょう。

落ち葉を掃いたら突然、するすると蜥蜴形の小さな爬虫類が出てきて、向こうも驚いて固まりました。つぶらな目で見つめられ、狼狽しました。えっ、何?どうしてここにいるの?しかし忽ち、置いてあった木箱の中に姿を隠し、私は深追いしませんでした。蜥蜴か金蛇か、と思ったのですが、どうやら守宮らしい。我が家の守護神になってね。

特別な1年

秋山佐和子さんの第八歌集『豊旗雲』(砂子書房)を読みました。秋山さんは國學院大學の卒業生、岡野弘彦門下の歌人です。近代女性作家の評伝なども出し、歌誌「玉ゆら」の主宰者でもあります。本書は2013年晩秋、40年以上連れ添った夫から末期癌であることを告げられ、2014年11月に見送るまでの、特別な1年間の詠作458首を収載しています。

あとがきによれば、5年間は当時の詠歌ノートを開くことが出来ず、ようやくあの時は不器用ながら精一杯、夫の気持ちに向き合っていたことを確かめられるようになったとのことです。自分自身と歌とに正直でありたいと、破調の歌もそのままにした、三十一音で思いを述べると、心が立ち直り、歌の力と深い恩寵を感じた、ともあります。

私はただ、時代を超えて数多くの和歌を読んできた読者に過ぎませんが、韻文と散文との関係に関心を持ち続けてきました(持って来ざるを得なかった)。作者にとってかけがえのない特別な体験は、言述した結果、感情もろとも読者に共有される場合と、事実としては追体験できるが、作者固有の情況として理解・同情される場合とがあるように思います。一般化しようとして喪うものがあれば、そういう表現は選べませんが、機能的には散文に近くなります。本書には、両様の例が混在していると見受けられ、それが特色の1つになっています。

私が好きなのは巻頭の2首ー花びらの冬日にほぐれゆくに似る遠きひとつの恋を語るは。みづがねの色なき花の発光したれか呼びゐる真夜の液晶。

でも、こちらもいいー呼びかけに明るくかへる夫のこゑ記憶せよ踊り場も木の階も。夫と息子と話すさまざま楽しさうかうしていかう何があつても。

緑の葡萄

行きつけのスーパーがどうやら青物を仕入れすぎたらしく、安いな、と思って買ってくると傷んでいたりします。甘唐辛子3本入りのトレイを買ったら(焼いて鰹節醤油をかけると美味しい)、1本腐っていました(そう言えば暗がりに置いてあった)。枇杷も6個入りの中、3個は傷物でした。店に注意しようかなと思いましたが、マスクを掛けていると微妙な話は面倒になる。安物買いの銭失い(我が家では最も軽蔑される行動でした)の教訓を噛みしめました。

輸入果物が普及して、季節知らずの緑の葡萄が大量に売られています。かつて留学中の友人を訪ねてU.S.Aに行った時、朝食はこれと珈琲だけ。ちょっと寂しいけどおしゃれでした。マスカットほどの高級感はないしフレッシュ感もない葡萄ですが、知人から、サラダにすると美味しいですよ、と教えられました。早速、試しました。

ドレッシングをさっぱり味にするのがコツ。別のスーパーで「林檎と桜桃のドレッシング」なるものを入手したので、かけてみるとぴったりでしたが、その後、店に出なくなり(商品開発としては失敗したのでしょうか)、レモンドレッシングで代用しています。房から外した葡萄と、ベビーリーフ(レタスでは強すぎる。サニーレタスなら可)と、ドライクランベリー(味が濃いので少なめに。枸杞の実なら多くてもいいでしょう)とを合わせると、彩りもよろしい。甘い白ワインでドレッシングを手作りすると、もっといいかもしれません。きゅっと冷やして食卓へ出します。

さらに1口サイズのクリームチーズをころころ入れて、赤、緑、白の配色にしてみました。これにはシーザードレッシングのような濃厚な味が釣り合いますが、料理としては重たくなって(献立を1皿減らせる)、別種のサラダになります。

疫病退散

京都の祇園祭も、博多の祇園山笠も中止になりました。祇園社はもともと疫病退散のための社です。本来なら、今年こそ盛大に行われるべきでしたが、仕方がありません。

上代文学専門の荻原千鶴さんが、「桜蔭会会報」(お茶の水女子大学同窓会の機関紙)復刊259号に、蘇民将来のことを書いています(「疫病流行説話の周辺ー風土記の「蘇民将来」をめぐって-」)。疫病流行中に一夜の宿を求めた神を拒んだ者と、泊めた者(蘇民将来)との運命を分けた説話が、『備後国風土記逸文に見え、蘇民将来の子孫である証明が疫病からの護符となった由来が語られています。素朴な木の端切れを削って彩色し、「蘇民将来」と書きつけた郷土玩具は魔除けの人形です。人類の歴史は、疫病との戦いの繰り返しでした。医学が確立していなかった時代、疫病退散は神頼みだったのです。

平清盛の熱病は有名ですが、彼の懐刀として出世していた藤原邦綱も20日後に急死しており、両人は濃厚接触者と思われるところから、恐らく同じ感染症で亡くなったのだろうと推測されています。古来、さまざまな疫病避けのまじないが考案され、記念碑が建立されました。いま流行のアマビエもそうです。江戸時代から近代まで行われた魔除けの貼り紙に「久松留守」というのがあって、お染を疫病神に見立て、恋しい久松はここにはいないよ、来訪お断り、というアピールでした。

私はせいぜい東京っ子と東京人の間くらいで、江戸っ子ではありませんが、それでもやっぱり、疫病退散には団十郎の「睨み」がなくっちゃあ!先代団十郎襲名公演、弁慶が飛び六方で引っ込む中継放送を覚えています。昭和37年、「額にうっすら(汗の)、十一代目」という名調子でした。襲名披露の舞台(友人と観に行きました)、「ひとつ睨んで御覧に入れます」と裃の肩を脱ぐ姿も、鮮やかに思い出します。