六道輪廻の世界

紀尾井町小ホールへ、「声明と平家琵琶―六道輪廻の世界」を聴きに出かけました。薦田治子さんが主宰する平家語り研究会の公演です。すでに検校から肉声で伝承することは難しくなった平家語りですが、薦田さんは文化庁の後援も得て、譜本の研究をもとに邦楽の若手演奏家3名と共に演奏復活を試みてきました。

昼夜2回公演で、私が行ったのは昼の部、200人のホールは満席でした。95%が高齢者なので、咳やらくしゃみやらが続発、私も慌ててマスクをかけました。でもこれだけの集客力が平家語りにはあるんだなあと、感心しました。

最初に未だ稽古中の2名も加えて5名で、「祇園精舎」の冒頭を斉唱、若くて声がよく伸びるので、壮観でした。次に天台声明「六道講式」の演唱があり、美しいハーモニーに、このところ寝不足だった私は思わずとろとろしました。

その後、声明の専門家近藤静乃さんの解説で、声明と平家語りの共通性が実演と共に示され、平家琵琶の伴奏は声明によく調和し、ちっとも違和感がないことが判りました。最後に3名のツレ平家で、「六道」の一部が語られ、1年間の上達著しく、なるほどこれなら芸能として上演できる、と思いました。未だ味があると言うほどではありませんが、平家語りとはこういうものだ、と知って貰うには十分です(素声はもう少し、工夫が必要かなあとも思いました)。しかし盲人の芸能として伝わってきた暗さや神秘性は全くなくなり、今後は劇場芸になっていくんだろうな、という気もしました。

終わって出たら、霧雨の中、夜の部の開演を待つ行列が出来ていました。こちらはもう少し、平均年齢が低そうです。濡れた枯草が甘い香りを放つ大学の土手をぐるりと回って、四谷駅から帰りました。

史学と歴史文学

中世日本史が専門の錦織勤さんから、メールが来ました。錦織さんは史学の側から、文学との違いを明瞭に認識している方(最近はそういう史学者は貴重種)なので、いつも有益な意見を聞かせて貰っています。許諾を得て一部引用します。

[『武者の世が始まる』(花鳥社)が届きました。多彩な論文が並んでいて、読者としては面白いです。本巻は、自分の興味ある分野と重なるので、多少はなじみのある『台記』に関する、原水民樹さんの論文を読みました。『台記』をベースに、他の軍記物なども合わせて検討されていて、勉強になりました。

この講座は、日本史の側からいうと、国文学の人たちの問題意識・方法を知る上で、とても有用な企画だと思いました。私は、残り時間との相談なので、どれほど読めるかわかりませんが、読んでみたいテーマのものが溢れている、という感じです。時間をつくって、一つでも多く読んでみたいと思います。

これから、平安後期の日記も少し読んでみよう、と思っていますが、国文学の人たちの読み方を知ってしまうと、ちょっと尻込みしてしまいます。その時代の記録、文学を総合的に頭に入れていないと、読んだことにはならないのだ、と改めて知らされました。もちろん、私がこれからそんなことをするのは無理なので、インデックス史学的に、必要なところだけをつまみ食いするしかありませんが、そのことは頭に入れておこうと思いました](錦織勤)。

コロナ・ウィルスを水際で食い止めるというのはもう幻想だろう、インフルエンザのちょっと怖いやつ、と考えれば結局、体力勝負だが、自分が高齢者に入っていることをつい忘れます、とも書いてありました。

匂ひをうつす袖の上に

外濠を見下ろす一室で、終日写本をめくって過ごしました。濠の土手には河津桜が咲き始めているのを教えられました。内容や語句だけに注意を向けるのでなく、書写の手の跡を辿って見ていくと、いろいろなことが見えてきます。書写の速度、筆の使い方、誤写の原因とそこから推察できる書写者の意識・・・書誌学は殆ど素人に過ぎない(ただ必要に迫られて、たくさんの本を見てきた)私が言うのは烏滸がましいのですが。

書誌学は新しい学問で、私たちが学部生の頃、たしか国立大学では初の書誌学講座(半期でしたが)が3年生用に設けられ、著名な書誌学者が講師に見えました。あちらも大学講義は初だったのでしょうか、私たちの知識がどのくらいか測りかねて、まず、「いろは」を書かせられました。私たちは2年から古典の演習があり、ごく普通に古辞書類を引く毎日だったので、何を要求されているのか分からず、面食らったものです。

若い頃、何も判らぬままやみくもに見て歩いた大量の古典籍―さらに最後の職場では、図書館の古典籍の蓄積が桁外れだったので(元禄以降は貴重書扱いではない)、写本・版本を日常的に手で触って確かめる経験ができました。両者は知らぬ間に結びついてきたようです。書誌学は一種の職人芸だと思っていたので、この年になって、書写の跡を辿る調査を通して、新しい知見を求めることになろうとは、考えもしませんでした。

閉館時間ぎりぎりに予定の調査をほぼ終えることが出来、細かな雨が降り始めた街へ出ました。夕闇の中、バスを降りると、濡れ始めた地面の匂いに混じって微かに甘い香りがしますーどこかに梅の花が咲いているのでしょう。定家なら、こんな時どう詠むのかなあ、と思いながら帰りました。

明翔会3/14

3月14日開催予定の明翔会研究報告会は、予定通り実施されます。近日中にレジュメのパンフレットができあがり、参加者にお送りするそうです。翌日に予定されていた公益信託松尾金藏記念奨学基金主催の『明日へ翔ぶ 5』出版記念会は、CVID2019流行のため中止になりました。後日開催する場合は、関係者にはMUFJから改めてお知らせします。

3月14日の研究報告会の詳細は、本ブログのお知らせカテゴリーに載っていますので参照してください。一般の方々の来聴も歓迎しています。

世話役の小野寺さんは今は育休中ですが、4月から復帰する職場は出入国関連業務を担っているので、新型ウィルス問題で現場は大混乱らしい、体力をつけておかなくては、と言っていました。若手官僚の間では、省庁を超えて厚労省の手助けに行く要員が募られているそうです。

木造洋館

共同研究に便乗して、静嘉堂文庫へ調査に出かけました。かつて近くに24年住み、その後10年間通った田園都市線ターミナル駅は、すっかり面変わりしていました。土埃の舞う、苗木農家の多かった辺りには、ちょっと洒落た分譲住宅や、低層マンションが建ち並び、グライダーの練習場があった辺りも今は住宅街です。

静嘉堂へ来たのは5年ぶり(その時は美術館で絵巻熟覧をさせて貰いました)、しかし文庫には50年以上前、『国書総目録』作成の下調べアルバイトで通った経験があり、木造洋館の建物がまったく変わっていない(寒いことも、トイレのドアの建て付けが悪いことも、庭木の手入れが行き届いていることも)のに感無量でした。あの頃、半世紀も経って、自分の研究のために来ることがあるなど想像もしなかった、否、半世紀後という時間の意識すらありませんでした。

ここは食堂がないので、持参した昼食を摂るのですが、ほかの閲覧者に遠慮して、庭のベンチで食べながら所見を交換しました。今日は春のような暖かさで、木陰のベンチでも美味しくおにぎりを食べることができ、静かな、俗世間とは隔絶したかのような木々の中で、終日写本と向き合って過ごしました。書写という営みには、それぞれの目的があり、書写者の事情があり、当たり前のことですが、現代の我々が、工業規格をクリアした製品としての「本」に向かうのとは違った眼で見なくてはいけないことを、改めて噛みしめました。

二子玉川で今後の打ち合わせをし、私はドンクでフランスパンを買って帰宅しました。留守電も入っており、メールも追いかけてきて、書誌の新事実に直面したくらいでひるんでいる場合ではない、がんばんなくっちゃ、と気付けを一杯、引っかけました。

マスク・その2

日本で販売されているマスクの7割が、中国で生産されているという情報には驚きました。それでは品薄になるのは仕方がない、彼国も輸出を止めたいくらいでしょう。自分で作れないかなと考えました(昔は内側のガーゼを交換して、何度も使ったものです)が、ガーゼの目の粗さなど、有効基準が分からないのでやめました。ネットで調べると、キッチンペーパーと輪ゴムとガーゼでマスクを作る方法が紹介されていますが、実際に使うと耳が痛くなりそうで、応急用でしょう。

先週、1枚だけマスクを分けてくれた友人から、メールが来ました。いま別荘へ行くために羽田へ向かっている、昨日ホームセンターへ行ってみたら、なるほどマスクは売り切れ、消毒液も1人2瓶に制限されていた、という内容。ふーん、と読み終わって削りました。

水際作戦という言葉は誤解されやすい。すでに国内にウィルスは入ってきていて、これからチャーター機の700人、下船する3600人が手荷物ごと社会に溶け込みます。そうでなくても彼地からは、留学生も同僚も来日しています。うつされないように、という考え方でいると却って危ない。多くの人がウィルスに感染しても、発病しない、重篤にならない、他人にうつさない、そのための体力と日常習慣こそ有効な防衛法です。

日曜日の朝、突然速達が来ました。かつての教え子からです。近所で入手したから、との手紙と共にマスクが同封されていました。研究室が異なるのであまり世話はしなかったのに・・・もう少し長生きして、いい仕事をしろよ、と言われた気がしました。

削ったメールも、その先には、「買えたら送る心算だったけど」という文字があったのかな、とふと思いました。

新型ウィルス

3月15日に予定されていた『明日へ翔ぶ 5』(風間書房)の出版記念会は、中止になりました。主催する公益信託の運営会社である銀行の方針で、新型ウィルス蔓延警戒のためだそうです。

この会のもともとの趣旨は、公益信託松尾金藏記念奨学基金の成果報告書『明日へ翔ぶ』の出版を祝うと共に、奨学生たちの名刺交換会でもあります。近年は、教育・研究職の採用条件に、競争的資金の獲得歴が要求されるようになり、幅広い分野の共同研究を組める人脈を持っていることが必要になってきました。幸い、この基金は人文系の広範囲な分野を対象としており、ここで出会った人脈は、従来なかった学際的なテーマの共同作業を生み出す可能性を持っています。そのための交流会でしたが、やむを得ません。なお前日に予定された研究報告会の主催者は明翔会ですので、別途に検討してお知らせします。

今年は五輪の影響もあり、国内の終息宣言は春には出るかもしれませんが、中国での見通しは立ちません。すでに国内にウィルスは入ってしまった、感染を完全に遮断することはできない、と考えるのが妥当です。現在の問題は簡便な検査キットが出来ていないことで、保健関係機関は総力を挙げて開発・量産に邁進すべきです。

報道機関は中国の悲惨な現状を強調する前に、ウィルスの基礎知識や感染拡大防止の日常的方法を周知して欲しい(ac.Japanはどうしてるの?)。治療法がない、死者が出たと騒ぐけど、今のところ体力のある人は快復しているわけで、基本的に、自分の肉体がどれだけ闘えるかが勝負の分かれ目でしょう。感染しても発病しないこと、他人にうつさないことが私たち各人にできることで、それが最も根本的な解決法でもあります。