豊後便り・薔薇探訪篇

別府暮らしの友人は、この時季、薔薇園をあちこち訪ね歩いているらしい。

本田バラ香園の切り花

別府市の隣の杵築市山香町にある、本田バラ香園というバラ農園に行ってきました。「ポツンと一軒家」に出てくるような、山中に1軒あるだけのバラ屋さんです。2棟のハウスで切り花用のバラを専門に栽培しており、苗木の販売はありませんでした。食用野菜栽培に許可されている農薬だけを使用し、しかも摘み取る段階での残留農薬ゼロの認証を取得しているそうで、切り花の他、バラジャム、バラアイス、バラシロップ、バラ和紅茶、バラ塩などを販売していました。バラシロップの無料接待を受け、バラの花束を1束購入しました。生産者直売なので、市価の3分の1程度です。土・日は特別なのでしょう、バラを使った工作体験のような催しや、若いミュージシャンによるライブ演奏もやっていました。山中で突然ライブ会場が出現したのにはかなり驚きました。】

名前は未だ無い

【香りのよい品種を多く栽培しているので、ハウス内は香りに満たされていました。独自に交配して作った品種が多く、まだ名前のついていないバラもあるようです。】

弊国で薔薇ジャムと称して売っている物には、林檎ジャムに少々薔薇のエッセンスを加えて花弁を混ぜた程度の品が多いようです。1瓶送ってくれたらよかったのになあ。

千財農園の薔薇

【先日は、大分で一番有名なバラ園「千財農園」にも行きました。あくまでも大分県でというカッコつきの一番です。新茶を買いに来るお客さんをもてなそうと植えた藤で有名になり、観光バスが来るお茶農園ですが、藤の時期以外にも客を呼ぶため、丘陵地の茶畑の下方の斜面をバラ園に改修したのです。車が500台位停まれるという広大な駐車場があって、吃驚しました。】 豊後はきっと、空も広いでしょうね。