源氏将軍断絶

坂井孝一さんの『源氏将軍断絶ーなぜ頼朝の血は三代で途絶えたかー』(PHP新書)を読みました。一口に言って、これまでの「常識」もしくは「通説」が次々に引っくり返されていく本です。それもきちんと史料を読み、あり得る事態を想定していく作業の繰り返しによって、一定の速度を保ちながら。あるいはこうも言えますー『吾妻鏡』を全く新しい眼で読み直す本。

吾妻鏡』が北条氏の立場に沿った、虚構の多い「史書」であることは、ずいぶん前から言われてきました。しかしどこがどのように、脚色・潤色されているのかを体系的に指摘する作業は未だ出ていない、と言えるでしょう。文学の側から『吾妻鏡』を読めば、そこら中に「文芸的」場面や挿話があって、これは実録じゃない、「物語」だということは一目瞭然なのですが、ほかに史料がない場合は頼らざるを得ませんでした。これだけ明確に、『吾妻鏡』の「意図」を浮き彫りにする論が出たことは喜ばしい。

本書は源氏将軍の、1誕生 2継承 3確立 4試練と成長 5断絶 6その後という章立てになっており、関東武士たちに担がれ、朝廷との微妙な関係を保ちながら将軍となった頼朝が、やがて源氏の中でも貴種扱いされるようになった経緯、頼家・実朝が北条氏との力関係によって興亡を余儀なくされる過程、そして実朝の死後も頼朝の血が継承されて摂家(藤原)将軍時代へと入って行ったことが、説き明かされます。

勿論、本書の仮説が今後訂正される部分は、多々あるでしょう。坂井さん自身、『源実朝』(講談社)や『承久の乱』(中公新書)で立てた見解を修正しながら執筆したようです。しかし、文弱で悩み多き青年実朝像などは、もう通用しません。来年の大河ドラマは坂井さんの監修だそうで、さて本書の提言が、どこまで活かされるか。