読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春のエネルギー

野菜の、立派な不要部分をどうするか―何だか可哀想で捨てられない。セロリの大きな葉や枝は、煮込み料理のブーケにもしますが、刻んで炒め、醤油と少量の甘味(味醂か砂糖)と唐辛子で味付けすると、白飯にも酒肴にも合う一皿になります。油揚げか竹輪または蒲鉾を千切りにして一緒に炒めれば、もう少し格上のおかずに。ラディシュの葉でも代用できます。こちらはセロリほど香りがきつくないので、削り節と醤油だけで胡麻油で炒めても可。

ブロッコリーの茎は茹でて醤油漬にします(一昼夜で食べられますが、ゆっくり漬けたければ酒で薄めます)。その後の醤油には蕪、胡瓜、長芋などを漬けます(だんだん野菜から水が出ますが、2~3回は漬けられます)。今日は山独活を漬けてみました。

山独活の頭は天麩羅にすると美味しいそうですが、我が家は揚げ物を避けているので、芯(剛毛のない部分)は刻んでスープの浮き実にしました。広がり始めた葉は、活けると案外面白い形になります。ただ、もともと山野の植物なので、花屋の華麗な切り花には合いません。我が家では今、ジャムの小瓶に、路傍で摘んできたホトケノザと一緒に入れて、置いてあります。春のエネルギーが集結した一角になりました。