読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出版記念会

『明日へ翔ぶ―人文社会学の新視点ー 4』が出ましたので、東京ステーションホテルで出版記念会が行われました。さまざまな分野の新進研究者や博物館学芸員・高校教諭・会社員・公務員、起業家もいて、会場は20代30代のパワーで満杯でした。来賓の小長啓一さんは田中角栄の思い出話をされ、版元の風間書房からはこれからも処女出版を応援します、という心強い挨拶がありました。

明翔会では随時、OBたちのプロフィールを紹介していきます。